wpXレンタルサーバーの使い方と評判

wpXレンタルサーバーは、WordPressに特化したレンタルサーバーで、超高速環境を実現しているのですが、通常のサーバーとは使い勝手が異なるため注意が必要です。

WordPressサイトの高速化は大変魅力的なのですが、トータルで考えると同じ料金のエックスサーバーの方がオススメです。

wpXレンタルサーバー
wpXサーバーは、エックスサーバーが運営する、WordPress専用の超高速レンタルサーバーです。
WordPressサイトの高速化を実現するために独自システムを採用しています。通常のサーバーと比べて制限がありますが、高速化にこだわる人でVPSや専用サーバーは難しいという場合にオススメです。


月額料金 初期費用 容量 転送量
1,000円 5,000円 100GB 500G/月
MySQL マルチドメイン サポート お試し期間
10個(300Mまで) 10個 電話・メール 14日間

MySQLの容量が1ドメイン(1WordPress)ごとに300Mまでとなっています。サービス開始当初は100Mだったのですが、直ぐに増量されました。1サイトあたり300Mあれば十分でしょう。

データベースの作成やphpMyAdminが利用できず、WordPressのインストールは管理画面から行います。

また、FTPでアクセスできるのが、「/wp-content」のみとなっており、ルートディレクトリ(ドメイントップ)にファイルをアップするようなことはできません。

wpXサーバーの使い方

wpXサーバーの評価

どれくらい早くなるか体感したかったので、既存サイトのデータで試してみたのですが、体感上は早くなったような気がしました。ただ、速度チェックツールでは特に大きな変化は見られませんでした。(WordPressの管理画面は明らかに高速になりました)

サーバーの特性上、phpMyAdminなどでデータベースの中を見ることができない上に、サーバー上のファイルも/wp-contentより上のファイルを見ることができず、wp-config.phpファイルなども触れません。

プラグインのWP File CacheやWP External Linksをインストールすると画面が真っ白になるなどの不具合もあり、使うのが難しいと判断し本格使用には至りませんでした。

なお、このサーバーはルートディレクトリにファイルをアップロードすることができないため、robots.txtなどのファイルをアップすることができません。.htaccessについては、管理パネルに編集画面が用意されています。

また、データベースの容量が1サイト(1WordPress)ごとに300Mまでとなっていますが、データベースの使用量を確認する画面がありません。

ルートディレクトリへのファイルアップの件とデータベースの使用量確認の件は、サポートから今後検討して頂けるとの回答をもらいましたので、いずれ対応されるのかもしれません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが30個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月1,500G、メモリ16Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2013年2月27日
最終更新日:2013年11月19日

このページの先頭へ