サーバー別WPの使い方ガイド

最近はどのレンタルサーバーもWordPressやMovable TypeなどのCMSの自動インストール機能が点いていますので、初心者の方でもインストール方法がわからないという事はないと思いますが、複数のWordPressをインストールする場合には、FTPでのファイルアップロードが必要になる場合もあるでしょう。

基本的にはどこのサーバーを使う場合でもやり方は同じなのですが、それぞれコントロールパネルが異なっており、MySQLの作成方法などがわかりづらい場合もありますので、参考として格安レンタルサーバーのWordPressのインストールや設定方法を解説します。

格安レンタルサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーの使い方の全てを見る

ロリポップ

ロリポップの使い方の全てを見る

チカッパ

チカッパの使い方の全てを見る

ファイアバード

ファイアバードの使い方の全てを見る

ミニバード

ミニバードの使い方の全てを見る

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバの使い方の全てを見る

ヘテムル

ヘテムルの使い方の全てを見る

ミニム

ミニムの使い方の全てを見る

ハッスルサーバー

ハッスルサーバーの使い方の全てを見る

ビジネス向けサーバー

X2サーバー

X2の使い方の全てを見る

シックスコア

シックスコアの使い方の全てを見る

クローバー

クローバーの使い方の全てを見る

ファーストサーバ

ファーストサーバの使い方の全てを見る

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが30個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月1,500G、メモリ16Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年3月28日
最終更新日:2013年1月16日

このページの先頭へ