WordPressサイトにプラグインなしでSNSの投稿ボタンを設置

SNSを知らない人は少ないと思いますが、TwitterやFacebook、Google+、mixiなどがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれています。

スマホなどでも利用できますので、既に使っている方が多いと思いますが、ホームページを作ったらサイト専用のSNSアカウントを登録して、サイトの更新情報や、そのジャンルの情報を投稿するのが良いかもしれません。

今回は、サイト内にSNSの投稿ボタンを設置する方法や、サイトを更新した時に更新情報をSNSに流す方法をご紹介します。

サイト内にSNSの投稿ボタンを設置する

書いた記事を紹介してもらいやすくするために、サイト内にSNSのボタンを設置します。WordPressであれば、WP Social Bookmarking Lightというプラグインが便利です。

プラグインを使わずにWordPressに投稿ボタンを設置する場合には、以下で紹介するコードを貼り付けます。以下のコードで上手くいかない場合は、公式サイトからコードを取得してください。

Facebookは英語サイトしか無いので、Facebookのいいねボタンを設置する方法を参考にしてみましょう。もしくは、忍者おまとめボタンといったサービスを利用しても良いと思います。

大きなボタン

Twitter

<a href="https://twitter.com/share" data-count="vertical" data-via="アカウント名" data-lang="en">ツイートする</a><script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script>

data-via=には自分のTwitterアカウント名を記述します。そうすることで、ボタンを押した時に自動的にそのツイートに@が含まれるようになります。不要な場合は、削除しましょう。

Facebook

<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=<?php the_permalink() ?>&amp;send=false&amp;layout=box_count&amp;width=100&amp;show_faces=false&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=90" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:65px;" allowTransparency="true"></iframe>

Google+

<g:plusone size="tall"></g:plusone>

Google+のボタンを設置する時には、同時にhead内に以下のコードを書いておきます。

<script type="text/javascript" src="http://apis.google.com/js/plusone.js">
  {lang: 'ja'}
</script>

小さなボタン

Twitter

<a href="http://twitter.com/share" data-count="horizontal" data-lang="en" data-via="アカウント名" >Tweet</a><script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>

Facebook

<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=<?php the_permalink() ?>&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=100&amp;show_faces=false&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=90" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:40px;" allowTransparency="true"></iframe>

Google+

<g:plusone size="medium"></g:plusone>

更新時に自動投稿する

TwitterやFacebookを使っている場合には、ホームページを更新したら更新情報をSNSに投稿したほうが良いでしょう。WordPressであれば自動的に投稿することもできます。

どちらも一度設定してしまえばあとは普通に記事を更新するだけですので、非常にお手軽です。

SNSはユーザーとのコミュニケーションが大切

サイトにSNSの投稿ボタンを設置して、記事の更新情報を流している人は多いと思いますが、それだけでは大きなアクセスアップ効果は望めません。本気でサイト運営するのであればSNSも本気で使ってみるのが良いと思います。

SNSでのユーザーとのやり取りは、リアルな人間関係の構築と同じですので、親しくなるには時間がかかりますが、同じ分野に興味がある人との関わりになるはずですので、会話はしやすいと思います。

絶対にやってはいけないことが、TwitterのフォロワーやFacebookの友達を増やすために、片っ端からフォローしたり、友だち申請することです。そういった形で集めた物は何の役にもたちません。

»Twitterで生きたフォロワーを増やす為に必要な5つの事

SNSでは自分の投稿を見てくれる人を増やすのではなく、自分に興味を持ってくれるようなファンを増やすことが大切です。ファンが増えることで、自分のサイトや記事を紹介してもらえる機会も増えていき、アクセスアップにも貢献するはずです。

アクセスアップ目的でSNSを使い始めても、いつのまにかSNSでのコミュニケーションが楽しくなってくるかもしれませんが、それはそれで良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ