WordPress3.4が登場しTwitterのツイート引用が簡単に

WordPressが3.4にバージョンアップしています。既にアップグレードを済ませた人も多いと思いますが、アップグレードすることで、多少サイトの表示速度が早くなる可能性がありますので、お暇な方はやってみてはいかがでしょうか。

»知っておくとちょっと得する WordPress 3.4の7+1ポイント

3.4になっていくつか追加された機能がありますが、個人的にありがたいと思ったのが、Twitterのツイート引用と記事の文字数カウントです。

Twitterのツイートを引用する

今までは、oEmbed Tweetなどのツイート引用プラグインを使っていたのですが、3.4からは投稿欄に引用したいツイートのURLを貼り付けるだけで、表示されるようになりました。

こんな感じで、ビジュアルエディタにURLを貼り付けるだけです。URLがリンクになっていると機能しませんのでご注意ください。

また、URLをpタグで囲んでしまうと機能しなくなります。pタグやbrタグの除去(追加)の発生を抑えるPS Disable Auto Formattingというプラグインを入れている場合には使えませんので、oEmbedTweetを使うのが良いと思います。

サイト上にはこのように表示されます。返信やリツイート、フォローボタンなども表示されていますね。当サイトでは、oEmbed TweetとPS Disable Auto Formattingを使用しているため、標準機能を使った埋め込みは使用できません。

記事の文字数のカウント

WordPress3.3までは、記事内の単語数が表示されており、日本語環境では上手く機能していなかったようですが、3.4からは文字数がカウントされるようになっています。全角・半角スペースはカウントされないなどの不具合があるようですが、多くの場合あまり問題ないでしょう。

SEO上、文字数が多ければ良いというものではありませんが、サテライトサイトで投稿する記事などでは文字数が気になる人も多いと思います。文字数カウントツールはありますが、記事を書きながらリアルタイムで文字数が表示されるようになったのはありがたいですね。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年7月9日

サブコンテンツ

このページの先頭へ