WordPressのトップページの作り方

WordPressをブログとして使う場合には、使用するテーマをそのまま使えば、トップページに新着記事が並ぶ状態になるので良いのですが、Webサイトとして使う場合には、トップページを飾ったり特定の内容を表示したまま固定したいですよね。

ブログとWebサイトの違いは?という答えにくい質問は置いといて、トップページを特定の内容で固定したい場合の方法をご紹介します。

トップページを作る方法

  1. 固定ページを使用する
  2. home.phpを作成する
  3. index.phpを修正する

トップページを作る方法としては、この三つのやり方があります。どの方法を使っても良いので、自分のやりやすい方法を選択しましょう。

固定ページを使用する

固定ページでトップページを作り、そのページをトップに固定してしまう方法は、全てWordPressの管理画面から実行できますし、修正作業も手軽にできますので、初心者の方にオススメです。

設定 ⇒ 表示設定 ⇒ ブロントページの表示 ⇒ 固定ページ ⇒ フロントページ

固定ページが1ページも無い場合には、フロントページの表示という項目が表示されませんので、先に固定ページを作成しましょう。

固定ページの作り方を説明する必要は無いと思いますが、通常の固定ページと同じように作ればOKです。

PHPを使用したいという場合や、改行(br)を連続で入れたいなどと行った場合には以下のプラグインが便利です。

 作成した固定ページをフロントページとして指定すれば、そのページがトップページとして固定されます。

home.phpとindex.php

管理画面から修正できなくても問題ない場合や、一度作成したら修正しないという事であればhome.phpを使用するのがオススメです。home.phpはその名の通りそのサイトのホームページ(トップページ)のことですが、サイト内にhome.phpがある場合、index.phpよりも優先して表示されるようになっています。

home.phpとindex.phpのどちらを修正してもトップページが作れるのですが、index.phpはなんとなくそのまま残しておいた方が良いと思いますので、home.phpで作っていきます。

  1. 使用しているテーマのindex.phpをコピー
  2. コピーしたindex.phpのファイル名をhome.phpに変更
  3. home.phpを修正しアップ

home.phpをアップした時点でそのページがトップページになります。新着記事表示に戻したいという場合には、サーバー上のhome.phpを削除すればOKです。

初心者の方は、コピーしたindex.phpのどの部分を修正すれば良いのか分からないと思いますが、これはそのテーマで必要な部分を残してコンテンツ部分を修正するような形になりますので、テーマによって異なります。

基本的には、header.phpとfooter.php、必要であればSidebar.php部分の記述が残っていれば、レイアウトは維持されるはずです。

はじめて生保というサイトは、WordPressのデフォルトテーマであるtwentyelevenにhome.phpを作成して作ったのですが、home.phpには<?php get_header(); ?><?php get_footer(); ?>が残っているだけで、後の部分は全てHTMLで記述しています。

トップページにもサイドバーを残したいという事であれば<?php get_sidebar(); ?>を残しておけばOKです。

home.phpのコンテンツ部分は、通常のHTMLサイトと同じような感覚で作成していけばOKです。更新情報だけ自動的に表示させたいという事であればその部分だけPHPにしておきましょう。

<dl>
<?php $posts = get_posts(‘numberposts=10’); global $post;?>
<?php foreach($posts as $post): ?>
<dt><?php the_time(‘Y/m/d’); ?></dt>
<dd><a href=”<?php the_permalink(); ?>” title=”<?php the_title(); ?>”><?php the_title(); ?></a></dd>
<?php endforeach; ?>
</dl>

はじめて生保ではこのような形で、トップページの更新情報を表示しています。リスト(ul)で表示しても良いと思いますので、その辺は各自修正してください。

以上で、トップページの作成は完了となります。WordPressは自分で色々と触ってみると、新しい発見があると思いますし、初心者でも思っている以上にカスタマイズできますので、少し慣れてきたらトップページの作成に挑戦してみてはいかがでしょうか。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年4月16日

サブコンテンツ

このページの先頭へ