WordPressのスパム対策

WordPressに限らずブログを運営していて困るのがスパマーの存在です。特定のサイトに対してコメントスパムを送ってくる場合もありますが、多くの場合無作為に送りつけてきます。コメントを閉鎖していれば問題はないのですが、公開状態で放置しているとスパムコメントばかりになってしまいます。

それでもそういったブログの場合、コメント欄を見るユーザ自体が少ないので、特に問題はないとも言えるのですが、スパムコメントの放置はSEO(検索エンジン)に影響を与える可能性があります。検索エンジンは、他者がつけたコメントであってもそのサイトの創作物という捉え方をします。

コメント欄からのリンクには通常nofollowがつきますので、スパムサイトへの発リンクによるマイナスは無いのですが、リンクジュースの分散が発生します。また、コメントに書かれた文章もページの評価に影響を与える可能性があります。

一個一個、手作業でスパムコメントを削除して行っても良いのですが、人気ブログともなると一日に何十件と送られてきますので、プラグインを使い自動的に処理するのが一般的です。

コメントスパム対策に役立つWordPressのプラグイン

AkismetはWordPressに標準で搭載されているプラグインですので、導入している方も多いと思いますが、APIが無いと機能しませんので、意外と使用していないブログも多いですね。個人的には最も有用なスパム対策用プラグインだと思いますので、ぜひ導入しましょう。

Akismetがスパムと判断したコメントは自動的にスパムボックスに入れられますが、迷惑メール処理と同じく、スパムではないコメントも入れられてしまう可能性がありますので、可能であれば定期的にスパムボックスを確認しておきましょう。

画像認証については、とても有効なのですが、人間のコメント数を減らしてしまう可能性もありますので、Akismetを導入しても機械的なスパムが減らない場合に、導入すれば良いと思います。

自動的にコメント欄を閉じてしまうプラグインについては、私は導入していません。せっかく頂いたコメントを自動的に閉じてしまうのはもったいないと感じますし、公開後数ヶ月たった記事にもコメントを付けたいと思う人は多いはずです。古い記事のコメント欄を放置するのが怖いという場合に導入しましょう。

Twitterや、Facebook、Google+などの登場によりブログのコメント自体があまり求められなくなっていますが、全ての人がこういったソーシャルメディアを利用しているわけではなく、こんな時代だからこそあえてコメントでやりとりしたいと感じる人もいると思います。ブログのコメント欄はなるべく閉じない方向で考えたいですね。

特定のユーザがコメントスパムを行なっている場合

毎回同じユーザからコメントスパムを受けるという場合には、そのユーザがサイトに来られないようにブロックしてしまっても良いと思います。

».htaccessでホームページにアクセス制限をかける方法

これはWordPressサイトに限らず実行できることですが、.htaccessを利用してIPアドレスや特定のホスト(プロバイダー)で制限をかけることが可能です。

WordPressであれば、管理画面のコメントごとにIPアドレスやホストが表示されますので、スパムを残しているユーザのIPアドレスを.htaccessに記述すればOKです。ただし、固定IPアドレスでない場合、IPアドレスが変わる可能性がありますので、一回設定すれば以後絶対にブロックできるというわけではありませんので注意しましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年9月28日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressの使い方 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ