WordPressをTwitterと連携させる為の4つのポイント

WordPressのアクセスアップを考えた時に欠かせないのがTwitterとの連携です。Twitterを使用していない人の場合プラス効果があまり無いとも言えるのですが、使っている方は連携させておいた方が良いでしょう。

連携といってもブログの記事を公開した時に自動的にツイートするようにしたり、ブログ内にツイート用のボタンを設置するだけの簡単な作業です。

1. Twitterボタンの作成

まず、WordPressにツイート用のボタンを設置する方法ですが、Twitterの公式ページからコードを取得するかプラグインを使用するのが良いでしょう。

Twitterボタンの作成ページ

オプションで変更の必要がある部分は、ユーザー名だけです。ここに自分のTwitterIDを入力します。トップページに貼り付けるボタンについては、URLやタイトルを指定しても良いでしょう。

設定が終わったら、赤枠部分のコードのコピーしてサイト内の任意の場所に貼りつければ完了です。

プラグインを使用する場合

WordPressの場合、WP Social Bookmarking Lightというプラグインを使用すれば簡単に記事の上や下にボタンを設置することができます。FacebookやGoogle+、はてなブックマークなどのボタンを並べることも可能です

WP Social Bookmarking Lightの使い方

2. フォロー用のボタンの設置

フォロワーを増やすためにサイト内にフォロー用のボタンを設置しても良いと思います。先ほどのツイート用のボタン作成画面で、フォロー用のボタンを作ることも可能です。

また、きれいなTwitterボタンを無料配布しているサイトもありますので、そちらを利用しても良いでしょう。ただ、基本的にはイメージがあってリンク先が自分のアカウントになっていれば良いわけですから、好きな画像を用意して自分でリンクを張っても良いと思います。

最近はあまり使っているサイトを見かけなくなっているのですが、当サイトで使用しているfollow meボタンジェネレータという物を使用するとサイトの外枠部分にフォロー用のボタンを設置することができます。先ほど紹介したTwitterボタン配布サイトでもパーソナライズドボタンが配布されています。

3. Twitterの公式ウィジェット

サイドバーに自分のツイートを載せているブログも多いと思いますが、Twitterの公式ウィジェットがありますので、利用しても良いでしょう。

Twitterの公式ウィジェット

自分のサイトをクリックし、ウィジェットに表示する内容を選択するのですが、基本的にはプロフィールウィジェットで良いと思います。

Finish & Grab Codeをクリックするとコードが表示されますので、コピーしてサイドバーなどに貼りつければOKです。widthやheightで幅や高さを調整しても良いでしょう。

4. 記事更新時に自動ツイート

最もアクセスアップに貢献するのが、新着記事のツイートだと思います。フォロワーの数によっても効果が変わってきますが、Twitterでコミュニケーションを取っている人の場合、効果は絶大です。記事を公開するたびに自分でツイートしても良いのですが、自動ツイートにしている人が多いですね。

自動ツイート用のプラグインはいくつかありますが、個人的にはWordTwitがシンプルで好きです。

インストール後にWordTwitの管理画面のAccount Loginから自分のTwitterアカウントにログインするだけで連携は完了です。Messageの部分を変更することで、更新ツイートの内容を変えることができます。「[title] - [link]」は必須だと思いますが、前後の文章は自分の好きなように修正しても良いでしょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ