WordPressのパーマリンク設定と日本語URL

WordPressの初期設定でパーマリンクを何にするかで悩む人も多いと思いますが、基本的には何でもいいと思っています。

http://rensabanet.com/?p=123

このようなURLになっている場合、パーマリンクはデフォルトのままになっています。もちろんデフォルトのままでも良いのですが、URLをわかりやすくした方が良いと考える人が多いようです。デフォルトのままだとSEOに不利だと言われることもありますが、一般的なボリュームのサイトの場合、特に不利になることはないでしょう。

設定 ⇒ パーマリンク設定

WordPress3.3以降、「%postname%」から始まるパーマリンクもOKになっています。%postname%を使用した場合、ページタイトルがURLになりますので、日本語のタイトルの場合は日本語URLになります。

日本語URLにすることで、URLにキーワードが含まれることになりますので、SEOで有利になるという話もあるのですが、個人的には日本語ドメインと同様にSEO効果はほとんど無いと思っています。それよりも日本語にすることで、URLが長くなる事や、トラックバック(ピンバック)が受け入れられない可能性があるというデメリットの方が大きい気がしています。

%postname%を使用する場合には、タイトルを英語に翻訳して英語のURLにした方が良いように思います。英語ができないと翻訳作業が面倒だと思いますので、その場合には%postname%を含めないURLで良いでしょう。

最近、私がよく使うのは「/%category%/%post_id%/」です。カテゴリの後に記事IDが付きます。ただ、この場合もカテゴリー名が日本語の場合日本語URLになってしまいますので、各カテゴリごとにスラッグを設定しておきましょう。

カテゴリー作成画面にスラッグという項目があります。ここに記述した物がURLとして表示されますので、カテゴリ毎に適当な英語を書いておきましょう。

※カテゴリのスラッグを変更するとURLが変わることになります。現行のWordPressは自動的に301リダイレクトされるようになっていますので、ほとんど変更の影響はないのですが、なるべく一度決めたカテゴリ名は変更しない方が良いでしょう。

»WordPressのパーマリンクはどの形がベストなのか

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ