WordPressのアクセスアップ方法を考える

WordPressはGoogleのSEOに有利ということが言われています。これはGoogleのマット・カッツ氏が「WordPressはSEOの80~90%に対応できるように作られている」というような事を言っていたのが発端になっています。

WordPressはデフォルトの状態で使っても良いのですが、プラグインを活用することによってより検索エンジン向けにカスタマイズすることができます。そこで今回は、WordPressサイトのアクセスアップについて考えてみます。

コンテンツ作り

何はともあれアクセスアップのために最も重要なことはコンテンツ作りです。きれい事と感じる人も多いのかもしれませんが、これからのSEOを考えた場合、コンテンツ作りは欠かせません。人工的な被リンク構築は効果が高いですが、その分ペナルティの可能性も大きくなります。

サイトの中身がないのに被リンクで強引に評価を上げるというのは難しくなっていますので、SEOに取り組むことよりもコンテンツ作りを優先した方が良いでしょう。

コンテンツづくりと聞くと難しく感じるかもしれませんが、テーマが統一されたブログでも十分なコンテンツに成り得ます。日記のようになってしまっては意味が無いのですが、その業界やジャンルに特化したブログを作ってみてはいかがでしょうか。ただし、更新が続いていないとコンテンツ化は難しいと思いますので、やる気と根気が必要な作業になります。

SEOやアクセスアップに必須のプラグイン

全てのプラグインを導入する必要は無いのかもしれませんが、比較的簡単に使用できますし、作業が必要になるのは始めだけですので、とりあえず全て入れておいて損は無いでしょう。

関連記事や人気記事表示用のプラグインはPVアップのためにも役立ちます。アクセスアップを考えた場合、サイト外部からの流入数を増やすことに力を入れる人が多いのですが、サイト内の他のページも見てもらえるような作りにすることも大切です。

その他に実施したいこと

コンテンツ作りがしっかりとできていればどんなテンプレートを使っても良いのですが、WordPressのデフォルトテーマを使用するのは避けた方が良いかもしれません。仮にデフォルトテーマを使う場合でも、ヘッダーデザインは変更したほうが良いでしょう。リピーターやファンを増やすためにはサイトのオリジナリティが欠かせません。デフォルトテーマですと訪問者に印象を残すのが難しいと言えます。

あとは、最近特に重要になってきているSNSとの連携です。Twitter、Facebook、Google+、mixiなど沢山のSNSがありますが、そういった媒体から上手くアクセスを集めたい所です。ただ、自分自身がSNSを利用していないと、効果が薄くなります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年1月23日

サブコンテンツ

このページの先頭へ