WordPressのダウングレード方法

WordPressは管理画面からアップグレードできるようになっていますので、知識がない方でも手軽に最新のWordPressにバージョンアップすることが出来るのですが、使っているテーマやプラグインが最新のWordPressに対応していないと不具合が発生してしまうかも知れません。

本来は、新しいWordPressに合わせてテーマを修正したり、プラグインのアップグレードを行なって対応するのが良いのですが、どうしても上手くいかない場合には以前の環境に戻すダウングレードの作業が必要になってきます。

アップグレードは管理画面から自動的に行うことができますが、ダウングレードは自動で行うことができませんので、FTPソフトなどを使って手動で行う必要があります。

WordPressのダウングレード手順

手元にアップグレード前のWordPressファイルが無い状態で行う場合のダウングレードはこのような手順になります。

  1. MySQLデータベースのバックアップ
  2. サーバーにあるWordPressファイルのバックアップ
  3. サーバーにあるWordPressファイルを削除
  4. 古いWordPressをダウンロードし解凍
  5. wp-config.phpなどの必要なファイルを古いWPにコピペ
  6. /wp-admin/にアクセス
  7. データベースの更新
  8. 動作確認

簡単に説明すると、現在使っているWordPressをバックアップ(ダウンロード)して、古いバージョンのWordPressをアップロードすればいいだけです。

wp-config.phpや.htaccess、robots.txtなど必要なファイルについては、古いバージョンのWordPressにコピーペーストしておきます。

※1のMySQLデータベースのバックアップ(エクスポート)は必須作業ではないのですが、WordPressのアップグレードやダウングレードを行う際には、念のためやっておいたほうが良いと思っています。

WordPressファイルをアップロードし、/wp-admin/にアクセスするとこのような画面が表示されますので、「WordPress データベースを更新」をクリックします。

以上で、ダウングレード作業が完了となります。「続ける」をクリックするとログイン画面が表示されます。

wp-config.phpをアップロードしなかった場合

wp-config.phpを含めずに古いバージョンのWordPressをアップしサイトにアクセスした場合、以下のような流れになります。

通常通りにWordPressをインストールした時と同じような画面遷移になりますが、ログイン後にデータベースの更新画面が表示されます。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年11月28日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressの使い方

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ