WordPressのオリジナルテーマでホームページ作成

WordPressは世界中で利用されているCMSですが、ブログ用に使われることが多いので、ブログシステムだと思っている方も多いのかも知れません。私も最近はほとんどのサイトをWordPressで構築していますが、ブログとして活用することの方が多くなっています。

しかし、WordPressで作られている企業サイトやブログのバージョンという記事でも書いたように、大手企業サイトでも意外とWordPressが使われていたりするんですよね。企業サイトだけではなくECサイトやSNSとして利用しているサイトも多くなっています。

ブログとして利用する分には、無料で配布されているテーマを少しカスタマイズして使えば良いと思いますが、企業サイトのようないわゆるホームページと呼ばれるものにするためには、無料テーマでは難しいのかも知れません。

だからと言ってホームページ制作会社に依頼すると数十万円以上かかってしまうケースもあります。そこでお勧めなのが自分で一からテーマを作ってしまう方法です。一からと言ってもHTMLとWordPressの構造が少しわかれば作れてしまいますので、挑戦してみる価値はあると思います。

オリジナルのWordPressテーマを作る

ここで一からテーマの作り方を解説していくのは大変ですので、WordPressに強いWebブログで取り上げられているテーマの作り方記事をまとめておきます。

現行バージョンとは異なるWordPressの時に書かれた記事ですが、基本的な構造は変わっていませんので、どの記事を参考にしても問題なくオリジナルテーマが作れると思います。

ただ、こういった記事を書いている人たちのブログのようにクオリティの高いデザインにすることは不可能だと思いますので、なるべくシンプルに画像を多用せずテキスト重視のサイトにするのが良いと思います。

ホームページは画像を使ったほうが華やかになるのですが、初心者がフリー画像を使って作る場合、画像が邪魔をしてしまうケースも少なくありません。私自身デザインを勉強したことが無いので当然なのですが、思っている以上にデザインというものは難しいと感じます。

それでも、画像をワンポイントで使って、あとはテキストでまとめるような作り方をしておけば、素人っぽさは消すことが出来るかも知れません。ただ、その場合でもテキストをただ書くだけでは意味がありませんので、見出しや余白、フォント色などを駆使して体裁を整える必要があります。

始めはスタンダードなヘッダー、コンテンツ部分、サイドバー、フッターの2カラムで良いと思います。それなりのヘッダーとサイドバーが作れればコンテンツ部分がテキスト重視でもそれなりのサイトにはなりますので、多少WordPressを触ったことがある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年11月2日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressの使い方

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ