WordPress公式の無料テーマでサイトを作る

最近は本当にWordPressで作られたサイトをよく見かけるのですが、用意されているデフォルトテーマを使うのは嫌だけど、自分でサイトのデザインをするのは難しいと思います。そこで役に立つのが無料配布されているテーマということになります。

無料テーマを使うメリットは、何と言っても費用がかからないことですが、他にも同じテーマを使っているサイトがあるという事や、フッターやサイドバーに著作権用のリンクが張られるというデメリットもありますので、企業サイトなどで利用する場合には注意した方が良いでしょう。

無料テーマ配布サイト

»Free WordPress Themes

WordPressの公式無料テーマ配布サイトです。1000を超えるテーマが用意されており、随時新しいテーマが追加されています。英語サイトとなっていますが、ダウンロード方法は非常に簡単ですし、基本的には日本語サイトに使用しても問題ありません。

トップページからスクロールして探して行っても良いですし、サイドバーにあるMost PopularやNewest Themesから探しても良いでしょう。

これは、Most Popularページですが、テーが決まったらテーマ名や画像をクリックします。

Downloadをクリックして、ダウンロードしたファイルを解凍し、「wp-content/themes/」にアップロードすれば、そのテーマを使うことができます。

WordPressの管理画面で探す

外観 ⇒ テーマ ⇒ テーマのインストール

テーマはWordPressの管理画面からインストールすることも可能です。おすすめや最新というメニューから探しても良いですし、検索ボックスにキーワードを入力したり、テーマの色などから見つけ出すことも可能です。

他の無料テーマ配布サイト

公式サイト以外にもWordPressの無料テーマを配布しているサイトは沢山ありますので、自分の理想に近いデザインを探すのが良いと思います。ただし、配布しているサイトによって利用規約が異なっていますので、使用する前に必ず確認するようにしましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年10月24日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressの使い方

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ