WordPressの管理画面

当サイトも利用しているWordPressですが、現行バージョンは3.2です。WordPressは頻繁にバージョンアップしていますので、その度にアップグレードしている人はあまりいないと思いますが、3.1と3.2では管理画面が結構変わっています。

これがWordPress3.1の管理画面です。実はまだ当サイトのWordPressは3.2にしていません。アップグレードしない理由は特にないのですが、管理しているサイトが多いと全てのサイトで実施するのは結構面倒な作業で、どうしても放置してしまうサイトが出てくるんですね。

3.1でも十分な機能を備えていますし、3.2にした所で何か便利になるわけではないので、3.3になったあたりでアップグレードしようかと思っています。あまりに間隔が空きすぎるとアップグレード出来なかったり、不具合が発生する可能性があるのですが、逆にアップグレードすることによって不具合が発生することもあるので判断が難しい所です。

これがWordPress3.2の管理画面です。全体的にスタイリッシュなデザインになっていますが、機能としてはさほど変わりはありません。

投稿画面も全体的にかっこよくなっており、投稿欄の上に並んでいるボタンもクオリティが上がっていますね。ここをきれいにして何になるのかと思ってしまいますが、開発者のこだわりなのかもしれません。

ちなみにWordPress3.2からPHPとMySQLなど、インストールに必要な条件が変わっていますので、使っているレンタルサーバーが対応していない場合には、そちらのバージョンを上げる必要があります。

PHPのバージョンアップはどのサーバーでも簡単にできると思いますが、MySQLのバージョンアップは通常、一度データベースをエクスポートした後に空にして、その後バージョンアップしてからインポートという作業が必要になりますので、初心者の方には難しいと感じるかもしれません。

私もMySQLのバージョンアップは数えるほどしかやったことがありませんが、ちょっとドキドキしますよね。もしこのエクスポートしたデータが使い物にならなかったらどうしよう・・・と思ってしまいます。不安な方はエクスポートしてデータベースを削除する前に、他のサーバーにインポートしてちゃんと表示されるかを試した方が良いと思います。

サーバーを一つしか持っていないという場合には難しいかもしれませんが、最近のレンタルサーバーは1契約でMySQLをいくつも作成できる事が珍しく無いですので、他のMySQLで試してみても良いと思います。

MySQLデータベースのエクスポートとインポートは、普通に進めていけば特にトラブったりすることもないのですが、エクスポートしたデータが使い物にならないと復旧させることができなくなりますのでご注意ください。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年9月30日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressの使い方

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ