プラグインのインストールとアップグレード

WordPressはプラグインを使うことで、色々なカスタマイズを簡単に実現する事ができます。

プラグインのインストール

プラグインのインストール方法は、FTPソフトでアップするやり方と、管理画面からやる方法があります。

FTPソフトでアップする方法

  1. 好きなプラグインをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍
  3. wp-content/plugins/にファイルをアップロード
  4. 管理画面でプラグインを有効化

基本的にはこの手順でプラグインをインストールできます。プラグインによっては個別に設定が必要となります。

WordPressの管理画面から行う方法

プラグイン ⇒ 新規追加

インストールしたいプラグイン名を英語で検索することが出来ます。おすすめや人気から選んでもOKです。

全て英語で表示されるので、プラグインを探すのが大変だと思います。Googleなどで良さそうなプラグインを探した上で、そのプラグイン名から検索をかけるという方法が良いと思います。

インストールしたいプラグインを検索して、「いますぐインストール」をクリックすることで、WordPressにインストールされます。

インストール完了画面で「プラグインを有効化」することが可能です。プラグイン画面で有効化してもOKです。

プラグインのアップグレード

WordPressのアップグレードと共にプラグインもバージョンアップされる事があります。プラグインのアップグレードはプラグイン画面から行います。

アップグレードする必要があるプラグインは、新しいバージョンの 〇〇 が利用可能です。と表示されていますので、「自動アップグレード」をクリックします。

この画面が表示されればアップグレード完了です。不具合があった場合には、エラー画面が表示されます。

※プラグインのアップグレードによってサイトに不具合が出る事も多いので、現状で特に問題が発生していない場合には、アップグレードの必要は無いでしょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ