WordPressの自動アップグレード

現行のWordPressは、管理画面からアップグレードする事が可能となっています。WordPressは頻繁にバージョンアップされますので、最新版を使いたい場合にはアップグレードしましょう。

しかし、アップグレードする事で、プラグインが使えなくなったり、デザインが崩れる可能性もありますので、自分で対応できない方は行わない方が良いと思います。

WordPressのアップグレード

※アップグレードを行う前に、必ずデータベースとWordPressファイルのバックアップを行ってください。

WordPressのアップグレードは管理画面のダッシュボードより行います。

間違えてWordPressの英語版をインストールしないように注意しましょう。jaが日本語版です。

新しいバージョンは、英語版からインストール出来るようになり、数日後に日本語版が追加される流れとなっています。USをインストールしたからといって、特に大きな問題が発生することはないのですが、管理画面は当然英語になってしまいます。

管理画面からはダウングレードはできませんので、WordPressの知識が無いと言う方は、アップグレードは慎重に行った方が良いでしょう。

このような画面になればアップグレード完了です。実際にサイトを表示してみて問題ないかチェックしましょう。

WordPressのアップグレードによって、使っているプラグインに不具合が出る可能性もあります。その場合にはプラグインのアップグレードが必要になるかもしれません。

ローカルファイルは古いまま

WordPressの自動アップグレード機能を使うと、簡単にバージョンアップできますが、パソコンのローカルファイルは古いままですので、少し注意が必要です。

アップグレード後に、操作ミスで古いファイルをアップしてしまったり、テーマやプラグインファイルを修正して、アップしてしまうという事があると思います。

ローカルファイルを一切変更しないという方は特に問題ありませんが、変更する場合にはアップグレード後のファイルをローカルにダウンロードしておいた方が良いでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年3月28日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressの使い方

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ