大きいサイズのMySQLがphpMyAdminにインポートできない

WordPressサイトを移転する場合、phpMyAdminを使いMySQLのエクスポートとインポートを行う形での移行が多いと思いますが、phpMyAdminでインポートできるデータファイルの容量はサーバーによって決められています。

インポートできるファイルサイズの確認方法

image02

これはエックスサーバーのphpMyAdminの画面ですが、インポートできるファイルサイズが205kKiBとなっています。1KiB=1,024バイトなので、205×1024×1024 =約210Mということで、エックスサーバーであれば相当大きなサイトでない限り容量オーバーになることはないでしょう。

image04

これはロリポップのphpMyAdminの画面ですが、16Mまでしかアップロードすることができません。さくらのレンタルサーバも16Mとなっています。

サイズオーバーの時のエラー画面

image05

古いバージョンのphpMyAdminの場合、サイズオーバーのMySQLをインポートすると、トップページに飛ばされてしまいます。エラー画面が表示されませんので、一瞬何が起こったのかわからなくなるのですが、何度やってもこの画面に飛ばされます。

image06

「インポートするデータを受信できませんでした。ファイル名が送信されていないか、ファイルサイズが PHP の設定で許可された最大値を超えています。FAQ 1.16 をご覧ください。」

新しいバージョンのphpMyAdminの場合は、このようなエラー画面が表示されます。要するにファイルサイズが大きすぎるということです。

対処法1 ファイルの圧縮

対処法として最も簡単なものが、エクスポートする際にファイルを圧縮する方法です。

image01

圧縮形式がいくつかありますが、どれを選んでも大丈夫です。zipとgzipはそれほど圧縮率が変わりませんが、bzipはzipよりも小さいサイズになるはずです。

試しに圧縮してみたところ、ノーマル状態で31.8MあったMySQLが、zipにしたら5.64M、gzipにしたら5.66M、bzipにしたら3.75Mになりました。これだけ小さくなれば最大16Mまででも多くのサイトで大丈夫だと思います。

image07

新しいバージョンのphpMyAdminの場合は、詳細をクリックした後に、圧縮という項目で形式を選択します。

対照法2 php.iniの編集

ローカル環境にインストールしたphpMyAdminやレンタルサーバーによっては、php.iniが編集できますので、php.iniでアップロードできるファイルサイズの上限を広げる方法もあります。

memory_limit = 32M
post_max_size = 32M
upload_max_filesize = 32M

このように指定できるファイルサイズを大きくすればphpMyAdminでアップロードできるファイルサイズが大きくなるはずです。

この3つのサイズは、
memory_limit ≧ post_max_size ≧ upload_max_filesize
にする必要があります。

対処法3 BigDumpの利用

個人的に利用したことがないのですが、BigDumpというツールを使うと超巨大なMySQLファイルでもインポートすることができるようです。

»超巨大な MySQL のデータを共用サーバーにインポートできる BigDump の使い方

対処法4 SSHで接続

そもそもphpMyAdminを使用せずにSSHで移行する方法もあります。レンタルサーバーの場合、SSHが利用できない場合もありますが、たとえばエックスサーバー、さくらのレンタルサーバ、ロリポップのロリポッププランなどでSSHが利用できます。

SSHによるWordPressサイトの移転方法については、以下のサイトがとても参考になります。

»WordPress の引っ越し方法色々

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ