WordPressで記事を更新した時にTwitterに自動ツイートする

前回、「WordPressで記事を書いた時にFacebookに自動的に投稿する」とい記事の中で、サイトを更新した時に更新情報をFacebookに投稿するプラグインを紹介しましたが、今回はTwitterに自動ツイートするためのプラグインをご紹介します。

個人的にはFacebookよりもTwitterの方が重要性を感じており、GoogleはFacebookのページが見られないことや、Twitterからのリンクにnofollowが無くなったことを考えると、SEOという点で優先すべきはTwitterだと思います。

記事更新時にTwitterに自動ツイートする

Twitterへの自動投稿用プラグインもいくつがあるのですが、個人的に好きなのは手軽に使えるWordTwitです。

WordTwitをインストールすると設定に「WordTwit」が追加されます。

まずは更新情報をツイートする時に載せる短縮URLを選択します。どれでも構わないのですが、良く使われているのは、Tinyurl、Bit.ly、Ow.lyあたりでしょうか。私は何の設定もいらないTinyurlを利用しています。

次に、自動ツイートするTwitterアカウントと連携させます。事前にTwitterにログインしておき、「Sign-in Using Twitter」をクリックします。

「連携アプリを認証」をクリックします。

連携が完了したら、自動ツイートする文章を入力します。私は、「【更新】[title] - [link]」としています。この形にすることで、ページタイトルとリンクが掲載されます。

特定のカテゴリの記事は更新情報を流さない

特定のカテゴリやタグに属する記事を更新した時のみに自動ツイートする場合や、逆に特定のカテゴリやタグの記事だけ自動ツイートしないという場合には、Tag/Category Optionsを使います。

特定の記事のみツイート:カテゴリ名やタグ名を入力
特定の記事をツイートしない:Reverse behaviourにチェックを入れてカテゴリ名やタグ名を入力

少しややこしいのですが、Reverse behaviourのON/OFFで、条件を切り替えられるようになっています。

注意点は、カテゴリ名やタグ名はスラッグではなく名前を入力することです。

 

名前が日本語の場合には、日本語のまま入力します。

また、複数のカテゴリやタグを指定する場合には、カンマで区切って追加してください。

以上で設定は完了です。

設定後、記事を更新してみて、このように自動でツイートされればOKです。ツイートされない場合には、アカウントとの連携がうまくいっていない可能性がありますので、始めからやり直してください。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ