重いWordPressブログの表示を早くする高速化プラグイン

WordPressはカスタマイズしたり、プラグインをインストールすることでだんだんと重くなっていってしまいます。サーバーやデータベースを根本から早くしたい場合には、「WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド」という本を参考に高速化のためのカスタマイズをするのが良いと思いますが、お手軽に早くしたい場合には、高速化用のプラグインが役に立ちます。

高速化プラグインをインストールする前に現状のサイト分析を行った方が良いでしょう。

»GTmetrix

URLを入力し、GO!をクリックするだけです。

当サイトの速度ですが、非常に遅いですね。遅くなっている原因もチェックできるようになっています。

以下にプラグインを紹介していきますが、インストール前後でスピードをチェックして早くなっていないようであれば、使用をやめた方が良いかもしれません。ただ、速度チェックするページがキャッシュされた後にチェックしないと意味がありませんので、チェックしたいページにアクセスするかしばらく経ってからチェックするのが良いと思います。

高速化プラグイン

高速化用のプラグインはいくつかあるのですが、有名で私も使ったことがあるプラグインをご紹介します。

キャッシュ系のプラグインが多いのですが、それぞれ機能が異なっていますのでバッティングすることはないはずです。

WP Super CacheとDB Cache Reloaded Fixについては、インストール後に管理画面で機能を有効にする必要があります。

MO Cacheは、 WP File Cacheと共にインストールすることで機能しますが、W3 Total Cacheなどを利用している場合には、 WP File Cacheは不要です。W3 Total Cacheを入れている場合には、他のプラグインとバッティングするかもしれません。

この中で最も効果があると言われているのがMO Cacheです。日本語翻訳ファイルの読込みを高速化するためのプラグインですが、多くの方が早くなったことを実感しているようです。

WP-DBManagerは、データベースを最適化する為のプラグインです。スケジュールを組むと自動的にデータベースを最適化したり、バックアップしたりしてくれますので大変便利です。

»WP-DBManagerの使い方

»WordPressサイトの高速化を実現するならVPSや専用サーバー

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年5月14日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressのプラグイン

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ