WordPressをFTPでインストール

MySQLの作成が完了したら、WordPressをFTPでインストールします。ファーストサーバにはWordPressの自動インストール機能もついていますので、そちらを利用しても良いでしょう。

WordPressのインストール

WordPressのダウンロード

WordPress日本語にアクセスし、WordPressをダウンロードします。

wp-config-.phpの作成

ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダ内にある「wp-config-sample.php」のファイル名を、「wp-config.php」に変更します。

wp-config.phpを開き、以下の赤字部分を修正します。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

/**
* WordPress データベーステーブルの接頭辞
*
* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
*/
$table_prefix  = 'wp_';

  • database_name_hereMySQL作成時に指定したデータベース名
  • username_hereMySQL作成時に発行されたID
  • password_hereMySQL作成時に発行されたパスワード
  • localhost :データベース管理画面に表示されている「データベースサーバ ホスト名」と「ポート番号」を「:(コロン)」でつなげて入力します。
    例) sample.mysql.co.jp:XXXXX
  • wp_ :wp_の後に適当に英数字を入力

.htaccessの作成

文字コード制御のために.htaccessファイルを作成します。

メモ帳などのテキストエディタで.htaccess.txtというファイルを作成し、以下の項目を記述します。

php_flag mbstring.encoding_translation off
php_value default_charset "UTF-8"

作成後、WordPressフォルダに保存し、ファイル名の.txtを削除し、「.htaccess」にします。ローカル上名前が変更出来ない場合は、サーバー上で行ってください。

WordPressフォルダのアップロード

WordPressファイルを全てサーバにアップロードします。WordPressをサブディレクトリとしてインストールする 場合は、フォルダ名を変更してください。フォルダ名はwordpressのままでも構いませんが、ブログであればblogのように分かりやすい名前に変更した方が良いでしょ う。

FTPソフトの使い方については、ファーストサーバのFTP設定をご覧ください。

WordPressの初期設定

「http://www.ドメイン名/blog/wp-admin/install.phpにアクセスします。(WordPressをblogディレクトリにアップロードした場合)

サイトのタイトルとパスワード、メールアドレスを入力しWordPressをインストールします。ユーザー名はadminのままでも結構ですが、セキュリティ上は変更しておいた方が良いと思います。

ログインをクリックして、先ほど指定したユーザ名とパスワードを入力すれば管理画面にログインできます。

以上で、WordPressのインストール作業は完了です。インストールしたURLにアクセスしてサイトが表示されるか確認してください。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年8月31日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressのインストール

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ