WordPressの自動インストール

ロリポップにはWordPressの自動インストール機能が付いています。WordPressを使い慣れている人は、FTPソフトでインストールするのが良いと思いますが、初心者の方はロリポップが用意している自動インストール機能を使う方が楽だと思います。インストールを行う前にMySQLを作成しておく必要があります。

WordPressのインストール

簡単インストールを選択し、WordPressの「利用する」をクリックします。

インストール先URLを確認し、サブディレクトリとしてインストールする場合には、ディレクトリ名を入力します。ドメインのトップにインストールする場合には、空白のままでOKです。利用データベースを選択し、「入力内容確認」をクリックします。

承諾するにチェックを入れて「インストール」をクリックします。インストール先のディレクトリに既にWordPressがインストールしてある場合、データベースが上書きされてしまいますので注意しましょう。

以上で、インストール作業は完了ですが、続けてWordPressの初期設定を行いましょう。

管理者ページURLに表示されているURLをクリックします。

サイトのタイトルやWordPressにログインする為のユーザー名やパスワードを設定します。後ほど変更が可能ですので、仮の名前で良いと思います。

ログインをクリックします。

先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力しログインをクリックします。

この画面が表示されれば、WordPressの初期設定は完了となります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ