WordPressの自動インストール

MySQL設定が終わったら、WordPressをインストールします。クローバーにはWordPressの自動インストール機能がついていますので、初心者の方はこれを利用するのが良いと思います。FTPによるインストールはこちら

WordPressのインストール

WordPress3.2以降をインストールする場合、PHP5.2.4以上が必須条件となっていますので、事前にPHPのバージョンアップを行っておきましょう。

PHPのバージョンアップ

PHPバージョン設定をクリックし、「選択」をクリックします。

PHPのバージョンを選択し、「PHPバージョン設定(確認)」をクリックします。

PHPバージョン設定(確定)をクリックします。以上でPHPのバージョンアップ作業は完了ですので、WordPressのインストール作業に移ります。

WordPressの簡単インストール

簡単インストールをクリックし、「選択」をクリックします。

追加インストールを選択し、WordPressの「インストール設定」をクリックします。

WordPressをインストールするデータベース名やユーザ名を選択して、ユーザを作成した際に設定したパスワードを入力します。

ブログ情報は作成するWordPressサイトの情報となります。インストール先は、トップディレクトリとしてインストールする場合には、そのままでOKですが、サブディレクトリとしてインストールする場合には、ディレクトリ名を入力します。

サイト内のブログとして構築する場合、blogのような分かりやすい名前を付けると良いでしょう。この名前がURLとなります。ブログ名やメールアドレスは後ほどWordPressの管理画面で変更することが可能です。

登録内容を確認し、「確定する」をクリックします。

以上で、WordPressのインストールは完了となりますが、引き続きWordPressにログインしてみましょう。パスワードをメモしてログインフォームのURLをクリックします。

ユーザ名にadminと入力し、パスワードには先ほどメモしたパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

ログイン後にWordPressの管理画面が表示されればインストール作業は全て完了となります。パスワードを変更したい場合には、「はい、プロフィールページへ移動します。」をクリックして、自分の好きなパスワードに変更しましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年8月28日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressのインストール クローバー

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ