さくらのレンタルサーバからエックスサーバーへのサーバー移転

さくらのレンタルサーバで利用していたサイトをエックスサーバーに移転することになったので、やり方をまとめておきます。

※以下、ドメイン移管を含めたサーバー移転を解説しますが、さくらのドメインを使い続けることも可能です。(さくらで取得したドメインを他社レンタルサーバーで使う方法

さくらのドメイン+さくらのレンタルサーバから
        ↓
ムームードメイン+エックスサーバーへの移行という事になります。

基本的なドメイン移管+サーバー移転の方法となりますが、参考になれば幸いです。

  1. さくらインターネットにドメインロック解除申請を行う
  2. さくらよりオースコード・レジストリキーが発行される
  3. ムームードメインにドメイン移管申請を行う
  4. トランスファー承認手続きを行う
  5. 移管完了通知の受取+料金の支払いを行う
  6. エックスサーバーの契約
  7. エックスサーバーで独自ドメイン設定
  8. サイトのデータを移行し表示の確認を行う
  9. ムームーのネームサーバー設定をエックスサーバーだけにする

1. さくらインターネットにロック解除申請

まずは、現ドメイン管理者のさくらに、ドメインが移管できる状態にする為の申請を行います。

gTLDドメイン移管(転出)のやり方

解説ページを見れば特に難しいことはないと思いますが、さくらインターネットの会員メニューから、申請を行います。

質問内容のお問い合せ内容で、注意事項への同意や、移管したいドメイン名、管理者のメールアドレスを入力する必要があります。

2. さくらよりオースコード・レジストリキーの発行

さくらインターネットにて、ドメイン移管の為の申請を行うと、手続きがスムーズに進めば数時間以内に、オースコードやレジストリーキーが発行されます。

【ドメイン名】 iten.com

手続きに伴い以下のメールアドレスを、ドメイン(WHOIS情報)の管理担当者
(AdministrativeContact)として登録いたしました。
移管申請時に承認が必要となる際のメール送信先となりますので、必ずご確認
ください。

【ドメイン管理者メールアドレス】 j_takeuchi@iten.com

また、移管先へのドメインの移管(転入)申請時に下記の情報が必要な場合が
ございますので、お手続きの際は移管先様にお伝えください。

【オースコード】  *******
【レジストリキー】 *******

これが、申請後にさくらインターネットから送られてくるメールの内容です。オースコードは、ムームードメインでドメイン移管申請を行う際に必要になります。

3. ムームードメインにドメイン移管申請を行う

  1. 移管申請手続きの流れ
  2. 申請から移管完了までの流れ

特に難しいことはないと思いますが、ドメイン名と認証コード(AuthCode)を入力する必要があります。認証コードとは、さくらのインターネットから発行されたオースコードのことです。

4. トランスファー承認手続きを行う

ドメイン移管申請を行うと、ムームードメインより「トランスファー承認手続きのお願い」というメールが届きます。

ムームードメインは、2012/08/06 に Internet SAKURA 様より、
下記ドメイン名のトランスファー申請を受け付けました。

ドメイン名:iten.com

本トランスファーを続行希望の場合には、下記方法にてお手続き下さい。
2012/08/11 13:50 までにお手続きが行われない場合、トランスファーが行われ
ませんのでご注意下さい。

1.下記URLへアクセスしてください。
http://transfer-domain.jp/approve/Confirm.do
2.ドメイン名をご確認の上、トランスファーを承認する場合は「承認する」、
 拒否する場合は「拒否する」ボタンをクリックしてください。
3.確認画面が表示されますので内容を確認し、間違いなければ「完了」をク
 リックしてください。

※トランスファー承認後は、現レジストラがトランスファー申請を拒否しな
 い限り5暦日以内にトランスファーが行われます。

これは、移管申請手続きを行なっても問題ないかという最終確認のメールです。Whois情報に登録されている管理メールアドレスに送信されてきます。

あとは、メールに記載されているURLをクリックし、画面に従って承認を完了してください。

ここまでの作業は早ければ1日で終わるはずです。

5. 移管完了通知の受取+料金の支払いを行う

移管が完了するとムームードメインから「移管費用のご請求案内」というメールが届きます。移管申請から1~2週間で届くはずです。

コントロールパネルにログインし、料金の支払を済ませてください。

料金お支払いと共にWhois情報の公開設定も行います。Whois情報の設定後、ドメインの自動更新設定が行えるようになります。

これで、ドメイン移管作業は完了です。後は、サーバー移転とネームサーバーの変更作業が残っています。

6. 新サーバーの契約

新サーバーの契約はもっとも早いタイミングで行なっても良いのですが、ドメイン移管が済んでからで良いと思います。

エックスサーバー契約の申込み方法

7. エックスサーバーでドメイン設定

移管したドメインをエックスサーバーにドメイン設定します。

エックスサーバーのドメイン設定方法

移転先のレンタルサーバーが、ロリポップ(ロリポップ)やヘテムルなどの場合、先にドメインのネームサーバーを変更(追加)しておく必要があります。(他社サーバーからロリポップへ移転する時のDNS設定

エックスサーバーの場合は、ドメイン設定する際にネームサーバーの確認を行わないため、最後にネームサーバーを変更すればOKです。

8. サイトのデータを移行し表示の確認を行う

サイトのデータ移行も先にやっておいても良いのですが、私はドメイン移管が完了し、ドメイン設定をしてから行いました。

今回はWordPressサイトでしたので、サイトデータ+MySQLデータベースの移転が必要でした。

WordPressサイトのサーバ移転の方法

9. ムームーのネームサーバー設定をエックスサーバーにする

ムームードメインのネームサーバーは、ドメイン移管時にさくらのレンタルサーバーが指定されていますが、これをエックスサーバーに変更します。

これで、すべての作業が完了です。

DNSが浸透するまでに最大で48時間かかりますので、さくらのレンタルサーバにアップしてあるデータはしばらく残しておきましょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ