HOSTSの書き換え - サーバ移転時の新旧サーバの参照

サーバ移転を行った場合、DNSが浸透するまでに数時間~2日ほどかかります。その間パソコン(プロバイダー)によって新旧どちらのサーバを参照しにいくかわからない状態となりますが、Windowsのhostsファイルを書き換えることで、好きな方のサーバを参照する事ができます。

hostsファイルの場所

◆ Windows 7 /Vista/XP
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

Windows 2000
C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts

Windows 95/98/Me
C:\Windows\hosts

スタート ⇒ ファイル名を指定して実行で「hosts」で検索してもOKです。

Windows XP以前の場合

hostsをメモ帳などのテキストエディタで開き、一番下に参照したいサーバのIPアドレスとドメイン名を入力します。

「IPアドレス+半角スペース+ドメイン名」を入力して保存すればOKです。IPアドレスが分からない場合は、利用しているホスティング会社に問い合わせてください。

hosts書き換え後、ブラウザから該当のURLを表示した際に、指定したサーバ(IP)で開く事ができます。DNSが浸透し、新サーバを読むようになった後に、旧サーバを参照したい場合にも使う事ができます。

Windows7の場合

Windows7でも基本的には、XPと行うことは一緒なのですが、初期設定ではhostsを上書き保存できなくなっていますので、事前に以下の設定が必要となります。

メモ帳を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

メモ帳のファイル ⇒ 開くから「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\HOSTS」を選択し、あとはXPと同じようにIPアドレスとドメイン名を入力し保存すればOKです。

場合によっては、上記の方法では上手くいかない事があるようです。その場合、合わせて以下の方法も試してください。

HOSTSファイルを右クリック ⇒ プロパティ ⇒ セキュリティ ⇒ Users ⇒ 編集 ⇒ Users ⇒ フルコントロールにチェック ⇒ OK

これでHOSTSが上書き出来るようになったはずです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ