MySQLデータベースのエクスポートとインポート

記事やページのインポートとエクスポートは比較的簡単なのですが、データベース内の全ての情報をバックアップしたい場合には、phpMyAdminを使用します。

サーバ移転を行う際にも、基本的にはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使用する方が良いと思います。

WP-DBManagerという自動的にバックアップを取るプラグインもあります。)

phpMyAdminにログイン

phpMyAdminは、サーバの管理画面からログインできるようになっています。

エックスサーバ

さくらのレンタルサーバ

ロリポップ

サーバによって多少画面は異なりますが、迷うことは無いと思います。ただ、サーバによってはphpMyAdminがインストールされていない場合があるかもしれません。

データベースのユーザ名とパスワードを入力し、サーバを選択します。(エックスサーバはユーザ名とパスワードのみでOKです。)

データベースのエクスポート

以下の画面が自分が見ているのと違うという場合には、phpMyAdmin3.4の場合をご覧下さい。

サイドバーからデータベースサーバ名を選択クリックします。

エクスポートをクリックします。

エクスポートするファイルを選択します。データ容量が少ない場合には、「全選択」でも良いのですが、容量が多い場合にはインポートする際に、ファイルサイズ制限に引っかかる可能性があるので、いくつかに分割した方が良いと思います。もしくは、インポートする際にzipに圧縮します。

また、異なるドメインにインポートする予定であれば、wp_optionsを除外しておいた方が良いでしょう。

構造の「」のチェックが外れている場合は、チェックします。

圧縮はなしでエクスポートします。また、EUCやSJISへの変換も行わずnonのままでOKです。

最後に、実行をクリックすれば、sqlファイルが保存されます。

念のため、エクスポートしたファイルに問題がないかテキストエディアなどで開いてみます。ファイルサイズが大きい場合、開くまでにかなり時間がかかります。

書いてあることは良くわからないと思いますが、日本語部分が文字化けしていなければOKです。文字化けしている場合は、エクスポートする際の設定が間違っている可能性がありますので、再度エクスポートしてください。

データベースのインポート

インポートをクリックし、sqlファイルを参照して実行すればOKです。特に設定を変更する必要はありません。インポートするファイルサイズが大きすぎてエラーが出る場合は、zipに圧縮してアップロードしましょう。

ドメインを移転しインポートする場合には、旧ドメインからエクスポートしたsqlファイルをサクラエディタやTeraPadなどの置き換え機能があるソフトで開いて、リンクなどのURLを新ドメインに書き換えます。

WordPressファイルのアップロード

データベースのインポート後、バックアップしておいたWordPressファイルやプラグイン、画像、テーマ等のファイルをアップロードし、Wordpressにログインしてプラグインを有効化して以前のサイトと同じように見えるか確認します。

何事も無くスムーズに進む場合が多いですが、サーバの設定などによっては、ハマる事もありますので、時間の余裕がある時に実施した方が良いでしょう。

新サーバに移行した場合など、DNSが浸透するまで(2~3日)は、旧サーバにもファイルをアップした状態にしておいてください。

phpMyAdmin3.4の場合

エクスポート

見た目が全然違うのですが、おそらく「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT を追加」にチェックを入れれば他の項目はノータッチで大丈夫なはずです。

インポート

インポートは参照でsqlファイルを選んで実行するだけですので、特に難しいことはないでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年3月28日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:サーバー移転 データベース

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ