データベース内のデータを削除する

WordPressのアンインストール方法で、データベースの削除も説明しました。

データベースを丸ごと削除する場合には、コントロールパネルからデータベースの削除を実行すれば良いのですが、データベース内の一部の情報を削除する場合には、phpMyAdminを使用します。

MySQLデータベースの削除

エックスサーバ

さくらのレンタルサーバ

ロリポップ

データベースのユーザ名とパスワードを入力し、サーバを選択します。(エックスサーバはユーザ名とパスワードのみでOKです。)

サイドバーに表示されているデータベースサーバ名をクリックします。

データを個別に削除したい場合は、×印をクリックしポップアップ画面のOKをクリックすれば削除できます。

複数のデータをまとめて削除したい場合は、削除したい項目にチェックを入れて、「チェックしたものを削除」を選択します。

確認画面が表示されますので、削除する項目が間違っていないか確認し、はいを選択すれば全て削除されます。

※データベース内の情報を削除した場合、復旧することが出来ませんので、削除は注意を払って行いましょう。

phpMyAdmin3.4の場合

見た目がかなりきれいなデザインになっていますが、項目としては同じなので迷うことはないと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ