SEO対策に役立つ情報

サイトを公開してアクセス数を増やすためにはSEO対策が欠かせません。最近はTwitterやFacebookなどのSNSを使ったアクセスアップ法が注目されることが多いですが、安定した大量のアクセスを運んでくれるのがYahooやGoogleなどの検索エンジン対策です。

ユーザーに役立つ情報を配信しているだけで、検索エンジンからのアクセスが増えるなら楽なのですが、実際には良いサイトを作っても何もしなければ多くのサイトに埋もれてしまいます。過剰なSEOをすることで、ペナルティを受けてしまう可能性もありますが、普通のやり方をしていればSEOはプラスの効果しかありません。

内部SEOの基本

一昔前は色々な内部SEOテクニックがあったのですが、現在は重要と言えるものがあまりありません。全く何もやらないのは問題ですが、WordPressのようなCMSを使ってサイトを作るのであれば、内部SEO対策はタイトルタグと内部リンクの張り方などに注意しておけば十分です。

ブログの活用とロングテールSEO

SEOの知識がなくてもアクセスアップさせることができるのがブログです。コンテンツ重視のブログを運営していれば、記事を書くだけで徐々にアクセス数が増えてくるはずです。自然な被リンクが獲得しやすいのもブログですので、ぜひWordPressブログをご活用ください。

Googleのアルゴリズム

Googleは年間に500以上のアルゴリズムの修正を行なっていると言われていますが、時々大きなアルゴリズム更新が行われます。近年では2011年のパンダアップデートや、2012年のパンダアップデートが大きなアルゴリズム更新です。

ドメインやURL

ドメイン移転する場合やサイト内のURL変更をする場合には、旧URLが受けたリンク評価を引き継ぐためのリダイレクト処理が必要になります。また、検索エンジンに評価してもらう必要がないページや、品質が低いページは自らインデックスさせない為の処理が必要です。

外部SEOとペナルティ

特定のキーワードの順位を上げるためには外部SEO(被リンク対策)が必要になってきますが、人工的な被リンク構築は、ペナルティの対象になったり、ペンギンアップデートによりサイト評価を下げられてしまう可能性があります。サイト評価を上げるためには被リンクが必要なのですが、やり過ぎには注意しましょう。

役立つSEOツール

SEOを行う上で、無料SEOツールが欠かせません。今の複雑なGoogleのアルゴリズムを考えると統計的な分析をすることに意味はなく、ライバルサイトの被リンク分析などは必要なくなっていますが、それでも順位チェックやキーワード選定の際にツールは必要になってくるでしょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが30個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月1,500G、メモリ16Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月19日
最終更新日:2013年2月27日

このページの先頭へ