WordPressの自動インストール機能を使う

MySQLの設定が終わったら、WordPressのインストール作業に入ります。FTPソフトを使って手動でWordPressをアップロードしても良いのですが、初心者の方はサーバが用意している自動インストール機能を使う方が簡単だと思います。

WordPress3.2以降、PHP5.2.4がインストール条件となっていますので、事前にPHPのバージョンアップを行っておきましょう。

WordPressの自動インストール手順

2011年11月にMySQLの自動作成機能が付いていますので、WordPressの自動インストール機能を利用する場合は、事前にMySQLを作成する必要が無くなっています。

サーバーパネルにログインし、「自動インストール」をクリックします。

プログラムのインストールをクリックします。

WordPress日本語版の項目にある「インストール設定」をクリックします。

インストール先のURLを指定します。ドメイントップにインストールする場合は、ディレクトリ名は空白でOKです。MySQLの作成を自動で行う場合は、「自動でデータベースを生成する」を選択し、既存のMySQLを使用する場合は、「作成済みのデータベースを利用する」を選択し、最後に「インストール(確認)」をクリックします。

「作成済みのデータベースを利用する」を選択した場合、このようにデータベースの選択画面が表示されるようになっています。

以下、MySQLを自動作成する方法で解説していきます。

「自動でデータベースを生成する」を選択し、「インストール(確認)」をクリックするとこのような画面が表示されます。

自動インストールの場合、特に必要になることは無いのですが、念のためMySQL情報をコピーしてメモ帳などに保存しておきましょう。インストールするURLに間違いが無ければ、「インストール(確定)」をクリックします。

表示されたURLをクリックします。インストールしたURLに直接アクセスしても大丈夫です。

ここからは、WordPressの初期設定作業になりますので、サイトの情報やユーザ名、パスワードを指定し、「WordPressをインストール」をクリックします。

この画面が表示されればWordPressのインストール作業が完了となります。ログインをクリックするとWordPressの管理画面へログインするための画面に切り替わります。

先ほど決めたユーザ名とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックすれば、WordPressの管理画面に入れるはずです。

自動作成されたMySQLの確認方法

サーバーパネルの「MySQL5設定」をクリックするとMySQLデータベースの管理画面が表示されます。

MySQLの一覧で、今までに作成してあるMySQL情報が表示されるのですが、今回のようにプログラムの自動インストールと同時に作成したMySQLについては、「」が付いています。

サイトのURLにアクセスした時に、このような画面が表示された場合には、ドメインのトップディレクトリにエックスサーバーが用意したindex.htmlが残ったままになっていますので、FTPソフトを使って削除してください。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年3月28日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressのインストール エックスサーバー

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ