WordPressの自動インストール

MySQLの設定が終わったら、WordPressのインストール作業に入ります。FTPソフトを使って手動でWordPressをインストールしても良いのですが、初心者の方はサーバが用意している自動インストール機能を使う方が簡単だと思います。

WordPress3.2以降、PHP5.2.4がインストール条件となっていますので、事前にPHPのバージョンアップを行っておきましょう。

WordPressの自動インストール

X2サーバー管理ツールにログインします。

ワンクリックインストールをクリックします。

追加インストールを選択しWordPressのインストール設定をクリックします。

MySQL設定で追加したデータベース名、データベースユーザー名、データベースパスワードを入力します。

インストール先はwpのままでもOKですし、好きな名前(ディレクトリ)を指定してもOKです。ディレクトリではなくトップディレクトリとしてインストールする場合には空欄にしておきます。

ブログ名やメールアドレスは後ほど変更が可能ですので仮登録しておきます。

内容を確認しインストールする(確定)をクリックします。

パスワードをメモしログインフォームのURLをクリックします。

ユーザー名にadmin、パスワードに先ほどメモしたパスワードを入力しログインをクリックします。

WordPressの管理画面が表示されればインストールは完了です。パスワードを自分が憶えやすいものに変更した方が良いと思いますので、「はい、プロフィールページへ移動します。」をクリックしてパスワードを変更してください。

WordPressをインストールしたURLにアクセスしてサイトが表示されれば作業は完了です。

トップディレクトリにインストールした場合に、このような画面が表示される場合は、index.htmlを削除しましょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ