MySQLデータベースのインポート・エクスポート

wpXサーバーはphpMyAdminなどのツールがなくMySQLデータベースのインポートやエクスポートは管理パネルから行います。

image44

「WordPress一覧・設定 ⇒ 設定」と進みます。

image45

「データベースのバックアップ」をクリックします。

データベースのエクスポート

image46

圧縮の有無を選択し「エクスポートを実行」をクリックします。

データベースのインポート

image47

「参照」をクリックし、インポートするsqlファイルを選択し、「インポート実行」をクリックします。

インポートするsqlファイルの接頭辞は「wp_」にする必要がありますので、他の接頭辞を利用していたサイトの場合には、インポートする前にsqlファイルをサクラエディタなどで開き、置き換えを行いましょう。ドメインを変更する場合にも同じようにsql内のURLの変更が必要になります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ