WordPressの自動インストール

MySQLデータベースの作成が済んだら、WordPressをインストールします。さくらのレンタルサーバはWordPressの自動インストール機能が付いています。最近のサーバはどこにでもある機能ですが、初心者の方は助かると思います。

インストールを行う前にMySQLを作成しておく必要があります。

WordPressをインストールする

コントロールパネルのクイックインストールをクリックし、ブログを選択します。

WordPressをクリックします。

「ライセンス~にチェックを入れます。

インストール先でドメインとディレクトリ名を決めます。ドメインのトップにインストールする場合は、ディレクトリは空白でOKです。パスワードはMySQL設定で、自分で決めたパスワードです。

テーブルの接頭語は、複数のWordPressをインストールする際に必要となる項目です。良くわからない場合は、そのままでOKです。

最後にインストールをクリックすると、自動でインストールが完了しますので、次に「アプリケーション設定へ進む」をクリックするか、インストールしたURLにアクセスしてWordPressの初期設定を行います。

WordPressの初期設定

サイトのタイトルやユーザ名、パスワード、メールアドレスを入力します。これはWordPressにログインするための情報となりますので、忘れないようにメモしておきましょう。

ログインをクリックします。

先ほどの画面で決めたユーザー名とパスワードを入力し、ログインをクリックします。WordPressの管理画面が表示されれば、WordPressのインストール作業は完了です。インストールしたURLにアクセスしてサイトが表示されるか確認してみましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年3月29日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:WordPressのインストール さくらのレンタルサーバ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ