さくらで取得したドメインを他社レンタルサーバーで使う方法

さくらインターネットはドメイン事業とレンタルサーバー事業を行なっています。さくらのレンタルサーバーを使っている方の多くが、さくらのドメインも使っていると思いますが、ドメインとレンタルサーバーを他業者にすることは可能です。

私もさくらのレンタルサーバを使っているサイトがありますが、ドメイン管理は他社で行なっているサイトが多いです。

さくらのドメインを他社レンタルサーバで使う場合

さくらのドメインを他社サーバーで使うためには、ネームサーバーを変更しなければいけませんが、設定画面を表示するまでが結構わかりづらいです。

ネームサーバーの変更は、さくらのレンタルサーバのコントロールパネルではなく、さくらインターネットのコントロールパネルから行います。

さくらインターネットの会員メニューから「契約情報」を選択し「ドメインメニュー」をクリックします。

契約中のドメインが表示されますので、サーバー移転するドメインの「WHOIS情報」をクリックします。

ドメイン情報が表示されますので、ネームサーバー欄の「変更」をクリックします。

ネームサーバ欄に移転するレンタルサーバーのネームサーバーを入力します。エックスサーバーの場合は図のようになります。

これで、さくらのドメインで他社レンタルサーバーが使えるようになります。私はさくらからサーバー移転する場合には、ムームードメインにドメイン移管してしまっていますが、さくらのドメインを使い続けても問題ありません。

ただ、さくらのドメインは管理料が高いので、サーバー移転するのであれば、ムームードメインなどの安い事業者に移管しておいた方が良いかもしれません。

他社ドメインをさくらのレンタルサーバで使う場合

他社ドメイン事業者のドメインでさくらのレンタルサーバーを使う場合には、ドメイン事業者の管理画面でさくらのドメインのネームサーバーを設定すればいいだけです。

  • ns1.dns.ne.jp
  • ns2.dns.ne.jp

さくらのレンタルサーバーのネームサーバーはこの2つです。

ムームードメインであればドメイン管理画面のネームサーバー設定で、さくらのサーバーを指定すればOKです。これで、さくらのレンタルサーバーで指定したドメインが使えます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ