GMOクラウド(旧アイル) のスペックと特徴

GMOクラウドのレンタルサーバー
月額料金 1,480円
初期費用 5,000円
容量 90G
転送量 5~7G/月
MySQL 60個
マルチドメイン 90個
メールアドレス 無制限
独自SSL 90個(オプション)

GMOクラウドの特徴

GMOクラウドは企業サイト向けのレンタルサーバーとして長年愛されてきましたが、料金が安くなり個人サイトでの利用者も増えています。複数台のサーバーで分散処理を行う「クラスタ技術」により稼働率100%と高速安定処理を実現しています。

GMOクラウドの特徴は、何と言っても稼働率の高さにあります。99.999%の稼働率というのはありますが、100%というのはあまり見かけません。iCLUSTA+では冗長化された複数サーバー群からなるシステムで分散処理を行なっているため、サーバー障害が発生した場合でも、別のサーバーがで処理を継続するため稼働を維持することができます。

法人向けレンタルサーバーの場合、ドメイン数が限定されていることも多いのですが、マルチドメインに対応していますので、複数サイト運営が可能です。また、WordPressやMovable TypeなどのCMSも備えら得れています。

Movable Typeについては、通常では有料となる商用版がついていますので、これだけでも使う価値があると言えます。また、オプションとなりますが、MakeShopやサイボウズOfficeなどのASPサービスも利用することができます。

月額料金980円のミニプランも用意されていますので、格安料金で安定性の高いレンタルサーバーを求めている方にオススメです。

»GMOクラウドの契約申し込み方法

GMOクラウドの転送量

GMOクラウドは容量などの割に転送量が低いことが気になると思いますが、転送量に達しても制限が加えられる事はありません。

以前、GMOクラウドのサポートに問い合わせた時に以下のような返信をもらいました。

iCLUSTA+の月間転送量の目安といたしましては、5~7GB程とさせていただいております。

こちらの数値を超過しても課金のようなものはないのですがあくまでも目安値となりますので、よろしくお願いいたします。

転送量につきましては、目安値に達成いたしましてもサービス停止等するものではございませんが、他のお客さまに影響が出てしまうような状況になった場合は別途、上位サービス(VPS等)のご提案をさせていただく場合がございますので、その点だけ予めご了承いただければ幸いでございます。

あまりに転送量オーバーが続く場合には、VPSなどの上位サービスを提案されるということでしょうか。ただ、あまりに目安の転送量が低いですよね。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年2月11日

サブコンテンツ

このページの先頭へ