他社サーバーからロリポップへ移転する時のDNS設定

サーバー移転は何かと問題が発生するものですが、ロリポップへのサーバー移転時に注意しないといけない事があったのでまとめておきます。

他社サーバー ⇒ ロリポップへ移転する場合に、ロリポップの解説ページの通りやると、DNS(ネームサーバ)設定をして、独自ドメイン設定後サイトをアップするまでの間にタイムラグが出来てしまいますが、それを回避するための方法です。

サーバー移転の基本

まずは、サーバー移転の基本ですが、WordPressサイトをロリポップからエックスサーバーへ移転する方法は以前まとめています。

»WordPressサイトのサーバ移転の方法

  1. MySQLのエクスポート
  2. 新サーバーにドメイン設定
  3. MySQLの作成+インポート
  4. WordPressファイルのアップロード
  5. hostsの書き換え
  6. サイトの表示確認
  7. DNS(ネームサーバ)設定

手順としてはこのようになります。

独自ドメイン設定時にDNSの書き換えが必要!?

しかし、ロリポップの場合、新サーバーにドメイン設定する時点で、DNS(ネームサーバー)の設定を求められます。(XreaやCoreserverも同じように先にDNS設定が求められるようです。)

DNS設定せずに独自ドメイン設定を行おうとするとこのようなエラーが表示されます。ファイアバードなどは、DNSによる確認の他に、WEB認証やメール認証があるのですが、ロリポップはDNS認証しかないようです。

DNSを書き換えずに追加する

サイトを移転する前にDNSを書き換えるのはタイムラグが発生しますし、CMSサイトの場合、最悪サイト表示に不具合が出る可能性もあるので、嫌ですよね。ロリポップの初期ドメインでサイトをアップして、表示確認後に独自ドメインに切り替える方法をしている方も多いようですが、DNSを追加するだけで問題は解決します。

上記は、バリュードメインのネームサーバー変更画面です。使っているドメイン登録事業者のサイトに行き、ロリポップのネームサーバーを追加します。書き換えるのではなく追加する点がポイントです。一時的に複数のサーバーが指定してあっても特に問題はありません。

あとは、ロリポップに戻り、独自ドメイン設定を行います。

後の手順については、冒頭で紹介した通常のサーバー移転と同じです。

ムームードメイン内でのサーバー移転の場合

やっかいな事に、ムームードメイン内では上記の方法を使うことができません。

ムームードメインでも、ネームサーバーを手動設定できる欄があるのですが、ここに他社ネームサーバーと同時にロリポップを設定しようとすると・・・

「uns01.lolipop.jpには弊社サービスドメインが含まれています。 弊社サービスをご利用の場合は、各サービスのネームサーバを選択ください。」というエラーが出るため、手動でロリポップを設定することができません。

これは、かなり不親切な設計になっていますね。当サイトはムームードメイン+エックスサーバーで利用していますが、ロリポップに移転する場合には、先にDNSを書き換えなければなりません。

これを回避するためには、先程説明したように先に、初期ドメイン(ロリポサブドメイン)でサイトを公開し、サイトの表示を確認した後に、DNS設定し、独自ドメインを設定して切り替えるという流れになると思います。

HTMLサイトであれば表示に問題が出ることもほとんどないと思いますので、先にDNS設定して、独自ドメイン設定しサイトを公開という手順でも良いのかもしれません。他社サーバーからロリポップに移転する事はあまりないと思いますが、手順には注意が必要ですね。



管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年5月21日

サブコンテンツ

このページの先頭へ