GMOクラウドの契約申し込み方法

GMOクラウドはビジネスサイトや法人サイトとして人気があるレンタルサーバーです。以前はアイルという名称でサービスを行なっていました。

GMOグループは、色々なレンタルサーバーを運営していますが、GMOクラウドは格安レンタルサーバーと異なり、稼働率や安定性、サポート力などを重視したビジネス仕様のサーバーとなっています。

転送量が月に5~7Gと少ないので、アクセス数が多いサイトでは使いづらいのですが、転送量はあくまで目安で、この値を超えても課金されるわけではありません。

GMOクラウド(レギュラー)
月額料金 1,480円
初期費用 5,000円
容量 90G
転送量 5~7G
MySQL 60個
マルチドメイン 90個
メールアドレス 無制限
独自SSL 90個(オプション)

GMOクラウドの申し込み方法

GMOクラウドにアクセスします。(7日間の無料トライアルはこちらからの申込になります。なお、トライアル版から正規版には移行できませんのでご注意ください。)

「お申し込み」をクリックします。

申し込むプランを選びます。オススメのプランは、容量も十分なレギュラーです。

次に、契約期間やサーバースペック追加、オプションサービスなどを選択します。

サーバースペックについては、レギュラーであればウェブ容量最大73G、メール容量最大14Gとなっています。基本的には両方とも上限値で良いと思います。オプションサービスは必要な物を選びましょう。

新規にドメインを取得する場合には、使いたいドメイン名を入力して検索をかけます。以下、ドメインを新規取得する場合の方法で解説していきます。

利用できるドメインが一覧表示されますので、好きな物を選び「次へ進む」をクリックします。

以降は、契約申し込みのための個人情報の入力となります。GMOクラウドを初めて利用する場合には、「初めてお申し込みをされるお客さま」の「続ける」をクリックして、個人情報の入力画面に進んでください。

個人情報や支払方法を選択します。

支払方法は、クレジットカード、銀行振り込み、口座振替が選べるようになっています。全て入力したら「次へ進む」をクリックします。

ドメイン名の利用選択画面では、ドメイン登録情報を入力します。Whois情報に自分の情報を載せたくない場合には、「Whois情報代行サービス」の「利用する」にチェックを入れます。

代行サービスを利用する場合でも登録者情報の入力は必要になります。全て英語での入力になりますので少し面倒なのですが、ヘルプも表示されるので難しいことはないと思います。全て入力したら「次へ進む」をクリックします。

最後に申込内容の確認画面が表示されますので、入力内容に間違いがないかを確認して、規約や約款などを確認し「同意のうえ、申し込む」をクリックします。

以上で、契約申し込みが完了します。登録メールアドレスに申し込み完了メールや、サーバー設定完了メールが届きますので、サーバー設定完了メールに書かれている情報でサーバーにログインします。

設定完了メールは、「【重要】アイルiCLUSTA+サーバー設定完了通知」というような件名で届くはずです。

メールには以下の様なことが書かれています。

---【ご契約情報】--------------------------------------------------

 ご契約プラン   :レギュラー
 ご契約ドメイン名  :ドメイン名

----【設定情報】----------------------------------------------------

 契約者アカウント名 :ログインID
 パスワード            :パスワード
 PlanManager  :https://www.hosting-kit.com/固有のURL/

----------------------------------------------------

PlanManagerのURLにアクセスし、ドメイン名、契約者アカウント(ログインID)、パスワードでログインします。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ