ドメイン設定

サーバ設定完了メールが届いたら、次にドメイン設定を行います。

ドメインを持っていない場合には、管理料が安いスタードメインや、ムームードメインで取得しておきましょう。

ドメインを取得したら、DNS(ネームサーバ)設定を忘れずに行っておきます。ファイアバードのネームサーバは以下の3つです。

ネームサーバー1 ns1.firebird.jp
ネームサーバー2 ns2.firebird.jp
ネームサーバー3 ns3.firebird.jp

ドメイン設定

ファイアバードのホームページからログインし、「サーバー管理ツール」をクリックします。

ドメイン設定からドメインの追加をクリックします。

ファイアバードでは、ドメイン設定を行う際に、本人が所有するドメインであることの認証を行うようになっています。

ドメインを取得したときに、DNS設定を行っていれば、Whois認証で簡単に確認が取れるはずです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ