ミニバードの使い方と評判

ミニバード
ミニバードは、月額料金がロリポップと同じく業界最安水準ですが、MySQLが複数利用できるため、コストを抑えて複数のWordPressサイトを運営したいような場合にオススメです。
転送量がそれほど大きくないため、大規模サイトやアクセス数の多いサイトの運営は難しいですが、小規模サイトであれば十分なスペックです。
サイトの規模が大きい場合には、料金が少し上がりますが、チカッパファイバードを利用するのが良いと思います。
月額料金 初期費用 容量 転送量
250円 1,500円 30G 100G/月
MySQL マルチドメイン サポート お試し期間
5個 50個 メール 2週間

ミニバードの使い方

ミニバードの評判

ミニバードの料金は250円ですので、ロリポップのロリポプランと同じ料金ということになります。ディスク容量もマルチドメイン数も同じなのですが、唯一MySQLデータベースの個数が、ロリポップが1つに対してミニバードが5つと多くなっています。転送量はロリポップの方が多くなっています。

最近はWordPressでサイトを作る人が増えていると思いますが、WordPressサイトを作る時に重要になるのがMySQLの数です。1サイトだけなら1つでも良いのですが、複数のWordPressをインストールするということになると1つでは足りなくなります。

接頭辞を変えれば物理的には1つのDBに複数のWPをインストールすることができますが、アクセス数がそれなりにあるサイトの場合、503エラーが発生する可能性が高くなります。一節には1つのDBに30個WPを入れても問題ないと言われていますが、個人的には怖いと思っています。

さらに問題なのが、サーバー移転する場合です。サーバー移転する際に面倒なのがDBの移転です。phpMyAdminを使ってデータをエクスポート、インポートするだけと言えばそうなのですが、いくつものサイトの移転作業はなかなか面倒です。

そう考えると、長い目で見ても移転を考えなくても良いぐらい十分な容量があるミニバードが良いと思います。ただ、ロリポップは頻繁に容量を増やしていますので、もしかしたらそのうちロリポプランのDBの数も5個や10個にしてしまうのかもしれません。

ミニバードの無料お試し申し込みはこちら

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが30個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月1,500G、メモリ16Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年3月30日
最終更新日:2013年11月19日

このページの先頭へ