MXレコードとは

DNSサーバには、ドメイン名⇒IPアドレスを定義するAレコードや、IPアドレス⇒ドメイン名を定義するPTRレコード、ネームサーバを定義するNSレコードなどがあります。

MXレコードとは、Mail Exchangerの略であり、そのドメインにおけるメールサーバに関する情報が登録されています。MXレコードは、電子メールの配送先であるメールサーバを決定する際に使用し、DNSで定義される情報の1つという事になります。

MXレコードには、複数のサーバを指定することができ、それぞれの優先度を指定することが可能です。値の小さいサーバに優先的に配送される仕組みとなっており、障害などで受信できなくなった場合には、値の大きいものに配送先が自動的に切り替わるようになっています。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ