Linuxサーバとは

Linuxとは、1991年にフィンランドのヘルシンキ大学の学生によって開発された、UNIX互換のOSのことです。フリーウェアのOSとして、全世界のボランティアの開発者によって改良が重ねられています。

レンタルサーバーには、LinuxとWindowsが良く使われていますが、2011年のシェアで見ると、国内では3:1、世界では2:1でWindowsが勝っている状況です。しかし、2014年にはLinuxがWindowsのシェアを抜くとも言われています。

LinuxとWindowsどちがら優れたサーバーなのかという話を良く聞きますが、どちらが優れているという事はありません。よほど特異な使い方でない限り、どちらかにできてどちらかにできないという事もありません。

ホスティング会社によっては、LinuxとWindowsで異なるプランを提供している所もありますが、個人が使う分には、どちらを選択しても良いでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月1日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ