ドメイン転送とは

ドメイン転送とは、Webサイトへのアクセスやメールを他のドメインに転送するためのサービスです。特定のドメインへのアクセスを、指定した任意のURLへ転送することが可能です。

通常、ドメインの転送は、301リダイレクトやmeta refreshによって行いますが、サーバーの設定で行う事も可能です。(サーバーによっては機能を備えていません。)

ドメイン転送は、主に携帯電話への転送に使われます。NTTドコモやSoftBank、auの携帯からアクセスがあった場合に、自動的に携帯サイトへ転送したり、iphoneなどのスマートフォンからアクセスがあった場合に、スマートフォン専用サイトに転送します。

携帯などへの転送も.htaccessを使い302リダイレクトによって転送するのが一般的ですが、初心者の方には設定が難しいので、サーバーの転送機能を使うのも良いと思います。

また、特定のメールアドレスに届いたメールを、異なるドメインのメールアドレスへ転送するような機能を備えたレンタルサーバーもあります。

»301リダイレクトや携帯サイトへのリダイレクト

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ