レジストリとレジストラ

.COMや.NET.ORGなどのgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)では、ドメイン名の登録に際し「レジストリ・レジストラモデル」と呼ばれる形態が取られています。

レジストラとは、登録者からドメイン名の申請を受け付け、その登録データをレジストリのデータベースに登録する機関のことです。レジストリとは、レジストラからドメイン名の登録申請を受け付け登録ドメイン名のデータベースを維持管理する機関のことです。

レジストリはデータベースを一元管理する為に、一つのTLD(トップレベルドメイン)につき一つ存在しますが、仲介業者のレジストラは、レジストリとの契約の下で複数存在し、サービス面や価格面で競争が働く仕組みになっています。

過去には、仲介的な役割を果たすレジストラが存在しない時代があり、その頃はユーザが直接レジストリにドメインを登録していたのですが、レジストラが登場した事で、誰でも簡単にドメインを持つことができるようになりました。

独自ドメインを取得する場合には、複数あるレジストラのうちのいずれかを選んでドメイン名の登録申請を行いますが、登録後に別のレジストラに変更することも可能です。

ICANN(アイキャン)とは

ICANNとは、インターネットのIPアドレスやドメイン名などの資源を全世界的に調整・管理することを目的として、1998年に設立された民間の非営利法人です。

ICANN(アイキャン)に認定されているレジストラとは、レジストリと直接契約を結び、ICANNのレジストラ認定方針とレジストラ認定規約に基づき、十分な資源と意欲、技術、ビジネス能力を持っているドメイン登録業者です。

日本国内の会社でICANN公認レジストラとしては、「GMO、ネットオウル、ファーストサーバ、ライブドア」などが有名です。

JPドメインのレジストリとレジストラ

jpドメインのレジストリはJPRS(株式会社日本レジストリサービス)で、レジストラは、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズやGMOなどです。

前述のとおり、レジストラは複数ありますので、挙げたらキリが無いのですが、JPドメイン名の指定事業者リストはこちらで確認できます。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月2日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ