属性・汎用・地域型JPドメイン名

属性JPドメイン名とは、JPドメインのうちセカンドレベルが組織種別を表す2文字で、サードレベルドメインが組織名となっているものの事です。

営利法人用の.co.jpや、非営利法人用・国際機関用の.or.jpなどがそれにあたりますが、属性JPドメイン名は地域型JPドメイン名と合わせて、1組織1つしか使用することができません。

ちなみに地域型JPドメイン名とは、tokyo.jpやkanagawa.jpなどのような、都道府県や政令指定都市名を利用している、地域に根ざしたドメイン名のことです。

営利法人用の.co.jpは、一つしか取得できないのですが、誤って二つ目を申請した場合、登録できずに申請費用のみ発生する事態になりますので注意しましょう。

汎用JPドメイン名とは

汎用JPドメイン名とは、「example.jp」のように、セカンドレベルに取得者の希望する名前を登録することができるJPドメイン名のことです。

日本のドメイン名である.jpドメイン名のさらに細かい種別の1つで、.co.jpや.or.jpなどの属性JPドメイン名とは異なり、1組織1ドメイン名が適用されないので、1つの企業が複数の汎用JPドメイン名を持つことができます。

元々JPドメイン名は「example.co.jp」や「example.ne.jp」などのように、セカンドレベルにcoやorのような組織種別を表す2文字を持ち、サードレベルに名前を登録するのが基本でした。しかし、1組織で複数のjpドメインを利用したいと言う要望が増えた事で、2001年に新しい枠組みとして汎用JPドメイン名が導入されました。

Whois情報には個人名や会社名が記載される

汎用JPドメインを利用する場合、whois情報に個人名や会社名を載せなければいけないことになっています。

jpとその他のドメインは扱いが異なりますので、注意しなければなりません。

汎用jpドメインについて

汎用JPドメインは、一般的なドメイン ( com や net など ) と異なり、すべてのJPドメインを管理するレジストリである、日本レジストリサービス ( JPRS ) にて管理されています。個人もしくは会社名・メールアドレス・Webページ・住所・電話番号・FAX番号などが情報として公開されます。

登録時には登録者名・担当者と担当者の部署・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスをご入力いただきますが、実際に JP Whois にてオンライン公開される情報は登録者名のみとなります。

ドメインを取得する際、ICANN の規則により、ドメインの所有者情報や管理者情報などを明確にする必要があり、Whois 情報として公開することが義務付けられています。

JPRSに登録者の全ての情報が公開され、オンライン上(whois情報)には、登録者名が公開されるということですね。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月2日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ