サーバ稼働率とは

サーバ稼働率とは、その名のとおりサーバーが稼動している割合の事です。サーバがダウンするとWebサイトが表示されなくなってしまいますので、サーバ稼働率が低いレンタルサーバーは死活問題です。

ただ、現在のレンタルサーバーはどこも稼働率が高くなっていますので、以前の様に頻繁にダウンするような所はありません。使っているサーバが良く落ちるという場合には、サーバー移転を考えた方が良いかもしれません。

ファーストサーバやGMOクラウドは、サーバー稼働率100%を保証するサービスを提供しています。稼働率が100%を下回った場合に、稼働率に応じて月額料金と返金率による算出金額が返金される仕組みになっているようです。

サーバー稼働率99.99%の意味

レンタルサーバー会社のホームページを見ると、サーバー稼働率99.99%という文字を良く見かけると思います。99.99%ってことは、ほぼ100%ダウンしないサーバーというような印象を受けるかもしれませんが、サーバー稼働率は99.99%で当然と思った方が良いでしょう。

99.99%の稼働率というのは、年間のダウンタイムが53分ということになります。これが99.9%になると8.8時間という事になります。年間に9時間弱もダウンするサーバーなんて今時ありませんからね。

サーバー稼働率とSEO

サーバー稼働率が低い事は、訪問者のアクセスを阻害するだけではなく、検索エンジンのクローラーのアクセスも妨げる事になりますので、SEOに影響が出る可能性があります。

丸一日アクセスできないような異常事態にならない限り大きな問題はありませんので、それほど気にしなくても良いのですが、無料ブログの場合メンテナンスで1~2日アクセスできなくなることがあります。

無料サービスは、ユーザ側が使わせて貰っているという状態なので、何があってもどうする事もできないのですが、定期的にメンテナンスが行われるのが一般的なので、機会損失が大きいと言えます。

数年前に、とある無料ブログで、サーバーの不具合によって過去に作成した記事のほとんどが削除されるという事件がありました。それは問題外ですが、無料サービスを使ってサイトを公開するということは、少なからずリスクがあるという事は頭に入れておかなければなりません。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月3日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ