ドメイン移管とは

ドメイン移管とは、別のドメイン登録事業者が提供しているサービスを受ける為に、ドメイン名の管理を別のドメイン登録業者に移すことを言います。

ドメインの取得費用や管理費用は、登録事業者によって異なりますので、大量のドメインを保有している場合には、ドメイン費用も馬鹿になりません。

ドメイン移管は、登録事業者の管理画面(コントロールパネル)から行いますが、移管できないケースもありますので注意しましょう。

 

  • ドメインの期限が切れている場合
  • ドメインの期限が7日以内に切れる場合
  • ドメイン登録を行ってから60日以上経過していない場合
  • 移管元ドメイン登録業者がドメイン移管を認めていない場合

移管を認めていないケースというのはあまりないと思いますが、ドメインの期限や登録してからの日数には気をつけた方が良さそうです。

移管作業にかかるやり取りは、WHOIS情報(ドメイン公開情報)に登録されている連絡先メールアドレスで行われるようです。

正直、ドメイン移管をしたことがないので、どれだけ面倒な作業になるのかは分かりませんが、ドメインを取得する段階で、安い料金で信頼できる事業者を選ぶのが良いと言う事は、間違いありません。

エックスサーバーやロリポップならムームードメイン、さくらのレンタルサーバならさくらのドメインなどを利用する場合が多いと思いますが、基本的にどこのレンタルサーバーでも、事業者に関係なく使用できますので、管理のしやすさよりも料金にこだわるのであれば、安い事業者を探すのが良いと思います。

»エイブルネットからエックスサーバー(ムームードメイン)への移転・移管
»さくらのレンタルサーバからエックスサーバーへのサーバー移転

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月3日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ