サーバー移転とは

サーバー移転とは、Webサイトを公開するためのサーバーを変更する事です。レンタルサーバーはホスティング会社によって、料金や機能が異なりますので、より良いサーバを求めて移転する人は多いのです。

サーバ移転の手順は、各レンタルサーバーのホームページに記載されていますので、初心者の方でも躓くことは無いと思いますが、データベースを使っているサイトを移転するような場合には、作業工程が増えますので手順を間違えないようにしましょう。

サーバ移転の手順

  1. 新サーバにデータをアップロードする
  2. 新サーバに旧サーバに設定してあるメールアカウントを設定する
  3. DNSを書き換える
  4. DNSが浸透したら旧サーバのデータを削除する

基本的にはどのサーバでもこのような手順になります。

DNSを新サーバのネームサーバに書き換えても、DNSが浸透するまでには、数日かかりますので、それまでは旧サーバからデータを削除してはいけません。また、新サーバに完全に移転が済んだ後に、旧サーバにデータが残っていても特に問題はありませんが、削除するのが一般的です。

サーバー移転とSEO

サーバーを移転した場合、ドメインのIPアドレスが変わりますので、SEOに影響を与える可能性があると思っている方も多いのですが、手順を間違えなければ検索エンジンからの評価は変わりません。

DNSが浸透する前に旧サーバからデータを削除してしまうと、検索エンジンのクローラーが旧サーバにアクセスした際に、サイトのデータがないと認識してしまいます。これはやりがちなミスですの気をつけましょう。

DNSが浸透するまでの期間は、旧サーバと新サーバどちらにアクセスするかは分からない状況ですので、旧サーバのデータは余裕を持って削除しましょう。

また、旧サーバから新サーバへのデータ移行が上手く行われないと、当然サイトの評価が変わってしまいますので、DNSを書き換える前に、新サーバ上でサイトが正しく表示されるかをチェックしておきましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月3日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ