アクセスログ・生ログとは

アクセスログとは、Webサーバーにアクセスしてきた時間や接続元のIPアドレス、閲覧端末情報などの記録のことで、生ログとも呼ばれています。

アクセスログは、記録された形式のまま見ることもできますが、人間にとって見やすい形式に変換して表示するアクセス解析ツールを利用するのが一般的です。

アクセスログは、レンタルサーバーの管理画面(コントロールパネル)から確認することができますが、頻繁に確認するものではありませんし、一度も見たことがないという人も多いと思います。

Google アナリティクスなどの一般的なアクセス解析ツールは、検索エンジンのクローラーのアクセス状況は記録していませんので、Webサイトへのクローラーの訪問頻度などを確認したい場合には、アクセスログを見ることになります。

GoogleやYahoo、Bingなどのクローラーの情報は、ロボ避けとアクセス制限のための覚え書きで確認することができます。

生ログの見方

生ログは訪問者のデータが文字列で記録されているものです。一般的にはあまり見る機会はないと思いますが、検索エンジンのクローラー情報を取得したい時などに確認します。

生ログにはこのような情報が表示されます。訪問者のIPアドレスや訪問日時、訪問したページや参照元サイト、検索クエリ、ブラウザ情報などが記録されています。

ログ内にある「http://www.google.co.jp/search?hl」という部分のURLをブラウザのアドレスバーに貼り付ければ、検索キーワードが確認できます。

同一IPアドレスを上から順に調べていくと、どのページにどういったキーワードで訪問し、どのくらいの時間いて、どこで離脱したなどの動きを見ることができます。このデータを見やすい状態にしたのが、アクセス解析ソフトということになります。

検索エンジンのロボット

[Google]
66.249.68.89 - - [29/Aug/2012:13:16:14 +0900] "GET /blog/6771/ HTTP/1.1" 200 8245 "-" "Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)"

[Bing]
157.55.33.88 - - [29/Aug/2012:16:05:54 +0900] "GET /blog/2321/ HTTP/1.1" 200 7832 "-" "Mozilla/5.0 (compatible; bingbot/2.0; +http://www.bing.com/bingbot.htm)"

[MSN]
157.56.95.152 - - [29/Aug/2012:15:17:52 +0900] "GET /blog/1682/ HTTP/1.1" 200 9291 "-" "msnbot/2.0b (+http://search.msn.com/msnbot.htm)"

[Baidu]
119.63.196.30 - - [29/Aug/2012:13:22:16 +0900] "GET /blog/ HTTP/1.1" 200 8886 "-" "Mozilla/5.0 (compatible; Baiduspider/2.0; +http://www.baidu.com/search/spider.html)"

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月3日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ