データ転送量とは

データ転送量とは、Webサイトが設置されているサーバから送出されるデータ量のことです。サイトへのアクセス数が多ければ多いほど転送量は多くなります。

アクセスが集中するとサーバーへの負荷が大きくなり、パフォーマンスの低下を招きますので、レンタルサーバーでは転送量に制限を設けています。

最近では無制限を売りにしている会社が多いのですが、特に制限値を明示していないだけで、内部的には一定の転送量を超えると制限がかかるようなレンタルサーバーもありますので、「無制限=転送量に上限がない」という事ではありませんので注意しましょう。

仮に本当に転送量が無制限だった場合、共用サーバーの場合、同じサーバに格納されているサイトへアクセスが集中する事で、自分のサイトの表示に影響が出る可能性があります。こういった事態を避けるために、短時間にアクセスが集中すると、そのサイトが表示しにくい状況になります。

これは転送量無制限を謳っているサーバでも見られることですので、無制限ならどんなにアクセスが集中してもサイトがダウンする事が無いと言うわけではありませんので注意しましょう。

転送量の計算方法

例えば 1ページあたり100KBのページに1万のアクセスがあった場合、転送量は以下のようになります。

100KB×10,000アクセス=1,000,000KB(1GB)

転送量に制限があるレンタルサーバーでも、月に100G以上というのが一般的です。上記の例だと100万PVでも100GBですので、転送量はあまり気にする必要はないのかもしれません。ただ、このアクセス数には検索エンジンのロボットなども含まれますので、一般的なアクセス解析のアクセス数とは異なるものになります。

»転送量を確認する方法(エックスサーバー)
»アクセス解析のアクセス数と転送量の関係

データ転送量課金とは

最近のレンタルサーバーではあまり見られなくなったのですが、サーバによっては一定の転送量を超えると、オーバーした量に応じて、料金を請求される場合があります。

利用したことはありませんが、OCNホスティングでは、上限値を超えた場合に、超過量1MBあたり2.1円の課金が発生するようです。

当サイトで紹介しているような格安レンタルサーバーでは転送量課金は無いようですが、気になる場合には契約前に確認しておきましょう。

»データ転送量の制限をオーバーするとどうなるの?
»エックスサーバーで転送量が150Gに達した場合の処置

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月4日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ