Whoisとは

Whoisとは、ドメイン名の登録者に関する情報を、ネット利用者が誰でも参照できるようにする為のサービスです。Whoisは、以下の目的でレジストリやレジストラが提供しています。

  1. ネットワークの安定的運用を実施する上で、技術的な問題発生の際の連絡の為
  2. ドメイン名の申請をする際に、同一ドメインや類似ドメインの存在を確認する為
  3. ドメイン名と商標等に関するトラブルが発生した際に解決する為

Whoisに掲載される情報

  • ドメイン名
  • レジストラ名
  • ネームサーバ
  • 登録年月日
  • ドメイン名の有効期限
  • 登録者の氏名
  • 登録者の住所
  • 登録者のメールアドレス
  • 登録者の電話番号

基本的には、ドメインを取得する際に登録した名前や住所が登録される事になりますが、名前は本名である必要はありませんので、ハンドルネームで登録しているケースも見かけます。

また、レジストラ(ドメイン登録事業者)によっては、Whoisに載せる情報をドメイン取得者にするか、登録事業者にするかを選択できるようになっています。自分の個人情報をWhoisに載せるメリットはありませんので、選択できる場合は登録事業者の情報にしておいた方が良いでしょう。

Whoisの使い方

Whois検索が利用でキルサイトはいくつかありますが、whois情報検索が便利だと思います。

ドメイン名を入力し、「管理情報照会実行」をクリックします。

ホスト名やドメインのIPアドレスが表示されます。あなたのIPアドレスは関係ないですね。

そのドメインが利用しているサーバのネームサーバ情報も載っています。

ドメイン登録者の情報も載っていますが、当サイトのドメインはムームードメインで取得していますので、ドメイン事業者であるpaperboy&co.の会社情報が記載されています。

汎用jpドメインは、whois情報に登録者名を載せなければいけないことになっています。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月5日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ