JPNICとは

JPNIC(社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター)とは、インターネットの円滑な運営を支えるための組織のことです。JPNICは、IPアドレスの運用・管理を扱う国内唯一の組織です。

2002年にJPドメイン名業務をJPRS(株式会社日本レジストリサービス)へ移管した後、JPドメイン名の公共性担保、ICANNとの国際的な協調などの公益目的実現のための業務に取り組んでいます。

JPNICのホームページはコチラ

IPv4枯渇とIPv6の普及

JPNICが2010年後半にIPv4アドレスは在庫がなくなるという事を言っていましたが、2011年に実際に無くなりました。

2008年に、JPNICがIPv6推進の姿勢を明確にしたことで、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)などで、IPv6の採用が進む事になりましたが、企業やエンドユーザーが、機器やアプリケーションをIPv6に一気に対応させる事は不可能ですので、しばらくの間はIPv4とIPv6が、デュアル・スタックで運営される事になります。

デュアル・スタックとは、IPv4とIPv6とを共存させて用いるための技術のことで、IPv6へ完全移行するための過渡的な技術の一つです。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月5日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ