IPアドレスとは

IPアドレスとは、Internet Protocol Addressの事で、IPにおいてパケットを送受信する機器を判別するための番号のことです。

IPv4とIPv6がありますが、現在の主流はIPv4です。既にアドレスが在庫切れ(枯渇)になっていますので、IPv6への切り替えが急がれますが、機器やソフトが対応していないため、完全に切り替わるまでには何年もかかる事が予想されます。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスは、大きく分けてグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの二つに分けられます。

グローバルIPアドレスとは、インターネットで使うことが許されているIPアドレスで、「203.216.235.222」のように記述されます。ちなみにこのIPアドレスはyahoo.co.jpのものです。

プライベートIPアドレスとは、LANなどの企業内ネットワークや個人宅のネットワークに存在する端末が、自由に使用できるIPアドレスのことです。

10.0.0.0~10.255.255.255
172.16.0.0~172.31.255.255
192.168.0.0~192.168.255.255

の範囲内のIPアドレスが使用されます。

個人宅で利用されるプロバイダーから配布されるルーターや、市販されているルーターでは、192.168.0.1や192.168.1.1などが使用されています。

グローバルIPアドレスの確認と変更方法

グローバルIPアドレスは、確認くんというサイトにアクセスすると簡単に確認できます。現在接続している場所(現IP)に表示されている数字が、プロバイダーから付与されているIPアドレスです。

固定IPアドレス契約をしていない場合には、ルーターの再起動などを行った際に、IPアドレスが変わる可能性があります。多くのプロバイダーでは、一瞬電源を落としただけでは、同じIPアドレスを再取得するようになっていますが、OCNなどのように再起動するたびに、毎回IPが変わるプロバイダーもあります。

IPアドレスが変わりにくいプロバイダーでも、数時間~半日ルーターの電源を切っておけば、次回取得時に異なるIPを取得するはずです。

プライベートIPアドレスを固定する方法

プライベートIPアドレスは、自動取得にしている方が多いと思いますが、P2Pソフトなどを使う場合にに固定する必要が出てきます。

Windows7の場合は、コントロールパネルからネットワークと共有センターを選択し、アダプターの設定の変更をクリックします。

ローカルエリア接続を右クリックしプロパティを選択し、インターネットプロトコル(TCP/IPv4)を選択し、プロパティを開きます。

次のIPアドレス欄に、固定取得したいIPアドレスを入力し、サブネットマスクには、255.255.255.0を入力し、デフォルトゲートウェイと優先DNSサーバーには、使用しているルータのIPアドレスを入力します。

これで、設定したパソコンは、毎回同じIPアドレスを取得する事になります。

XPの場合は、コントロールパネル ⇒ ネットワーク接続 ⇒ ローカルエリア接続 ⇒ プロパティ ⇒ インターネットプロトコル(TCP/IP) ⇒ プロパティ ⇒ IPの設定

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月7日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ