Rubyとは

Ruby(ルビー)とは、日本のソフトウェア技術者で、株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー、楽天株式会社楽天技術研究所フェロー、Rubyアソシエーション理事長等の肩書きを持つ、まつもとゆきひろ氏によって開発されたオブジェクト指向のスクリプト言語です。

ちなみに、開発者のまつもとゆきひろ氏の本名は松本行弘ですが、一般には平仮名表記が定着しています。また、英語圏では「Matz」の通称で広く定着しています。

Rubyは、Perlのような手軽さで楽しくオブジェクト指向しようという事をコンセプトに開発されている言語のようです。

»Ruby公式サイト

正直HTMLやCSSはある程度分かりますが、RubyやPerlは全く分かりません。JavaScriptやCGI、PHPすら良くわかりませんが、それでもある程度のWebサイトは作れます。

WordPress+jQueryでかなり素敵なサイトは作れるので、それ以上の知識は必要になった時に憶えれば良いというスタンスです。こんな事だから時代に取り残されてしまうのだと思いますが、得手不得手という物がありますし、他にもやらなければいけないことが山ほどあるので、優先順位を決めて一つずつ憶えていくしかありません。

それにしてもWebの世界は、本当にスピードが速いのですね。若ければ着いていけるのかもしれませんが、歳を取るとかなり厳しいです。それでも50代や60代でバリバリやっている人たちもいるので、結局はやる気次第なのでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月7日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ